[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

リヨセル(指定外繊維)

 

分類

 
化学繊維 > 再生繊維 > リヨセル
 
 
 
 

リヨセルとは?

 
Lyocell
 
 
柔らかさや光沢感が特徴の再生繊維。
レーヨンと同じく、木材パルプ(セルロース繊維の集合体)が原料。
 
 
シャツ商品に柔らかさを加えたい場合に、
ポリエステルや綿に合わせて生地として使われるケースが多い模様。
 
紳士服、婦人服両方にて使用されている。
 
 
 
 
 
 
【指定外繊維とは?】
簡単に言うと、
素材欄での法律にて表示繊維名が決められていないマイナー繊維や新化学繊維のこと。
 
再生繊維の中では、メジャーなレーヨンやキュプラは指定繊維範囲内であるものの、
リヨセルは2015年時点では指定外繊維扱い。
 
 
 
【リヨセルとテンセル】
なお、素材欄に「テンセル」と書かれる場合があるものの、
これに関しては一般的な繊維の名称自体が「リヨセル」で、
某トップメーカーのブランド名が「テンセル」だという関係性のようです。
(まだ詳しいことは不明)
 
 
 
 

リヨセルの特徴

 
 
【リヨセルの主な特徴】
 

  • 柔らかい
  • 光沢感がある

 
その他は整理中
 
 
 
 

リヨセル繊維が使用される主な商品

 

  • 各種シャツ
  • ニット商品
  • ワンピース
  • スカート
  • ストール

 
 
 
 

混紡される主な繊維

 
 
指定外繊維のため衣料品の素材欄には 「指定外繊維(リヨセル)」と書かれる。
 
ここでは、"指定外繊維"という表示は外します。
 
 

  • 綿(コットン) + リヨセル・・・・・このパターンが多い
  • 綿(コットン) + リヨセル + ポリウレタン・・・・・このケースも多い(伸縮性を加えるため)
  • リヨセル+ ポリエステル
  • リヨセル+ ポリエステル + ポリウレタン
  • レーヨン + リヨセル
  • リヨセル100%
  • リヨセル + ポリウレタン
  • レーヨン + ナイロン + リヨセル+ ポリウレタン
  • リヨセル + ナイロン + ポリウレタン

 
 
 
*リヨセル100%商品はあまりなし
*ボトム商品にはストレッチ素材のポリウレタンが数パーセント混紡されるケースが特に多い。
 
 
 
 
 
 

 

 
[メニュー]