[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

ポリエステル(ポリエステル繊維)

 

分類(ポリエステルのポジション)

 
化学繊維 > 合成繊維 > ポリエステル繊維
 
 
 

ポリエステル(ポリエステル繊維)とは?

 
ポリエステル = Polyester
ポリエステル繊維 = Polyester fiber
 
 
服飾商品の素材として最もポピュラーで高機能な石油系の合成繊維。
ポリエステル100%の商品も、絹などの高級素材と比べて大幅に安く購入できる。 
 
ナイロンに続く合成繊維として1940年代あたりから生産がスタート。
 
 
 
服飾分野では、「ポリエステル100%」で生地にされるほか、
 

  • 綿や羊毛などの天然繊維
  • アクリル、ナイロンといった合成繊維
  • レーヨンといった再生繊維

 
など、様々な繊維と混紡されて使用される。
 
 
 
【ポリエステルとPETボトル】
なお、おおまかにいうと、ポリエステルを糸状ではなくシート状にしたものが「PETシート」で、
そのシートを筒状にしたものがいわゆる「ペットボトル(PETボトル)」であるようです。
(構造の理解が難しいため、詳しい説明は今のところ不可)
 
 
 
 
 

ポリエステル(ポリエステル繊維)の主な特徴や弱点

 
 
【ポリエステル繊維の主な特徴】

  • 強度に優れる
  • 耐久性が高い
  • 弾力性がある
  • 速乾性が高い(洗濯後に乾きやすい)
  • 洗濯しても縮みにくくシワができにくい
  • 熱に弱いナイロンと比べて耐熱性が高い

 
 
【主な弱点】
 

  • 静電気が起きやすい
  • 吸湿率が低い(逆に言うと速乾性が高い)

 
 

ポリエステル製の主な商品

 
集英社FLAG SHOPにて、「ポリエステル100%」というキーワードで検査すると、
裏地にて「ポリエステル100%」の商品も含めて、5000アイテム以上の該当品が見つかる。
(各商品の原料欄に「ポリエステル100%」という記載があるため、このキーワードにひっかかる)
 
主なポリエステル繊維を用いた商品。
 
 

  • 各種トップス
  • 各種ボトムス(スカート、パンツ)
  • ワンピース
  • ネックウェア(ストールなど)
  • 靴下

 
その他、様々な商品にポリエステル繊維が使用されている。
なお、ポリエステル100%ではなく他の素材と混紡される場合のコンビは様々なパターンがある。
 
 
 

国内の主なポリステルブランド

 
 

  • 東レテトロン(by 東レ)・・・・・1958年生産開始
  • ソルーナ(by 三菱レイヨン)
  • エスモ(by クラレ)・・・・・紫外線や熱線を遮断

 
 
 
 
 
 

 

 
[メニュー]