[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

ポリウレタン(ポリウレタン繊維)

ポリウレタン(ポリウレタン繊維)とは?

 
Polyurethane Fiber
 
3大合成繊維(ポリエステル、ナイロン、アクリル)と並んでポピュラーな、
極めて高い伸縮性をもつゴム系の合成繊維。
 
1940年代頃に誕生。
 
ポリウレタン100%生地の商品はほとんど見当たらないものの、
ストレッチ素材として圧倒的な需要があり、
ストレッチ性のない素材メインのボトムス商品などに、
動きやすさを与えるため数パーセントだけ混紡されているケースが大半。
 
 
5%程度混紡しただけでも、伸縮性の高い生地に変えることができる。
(2%くらいの場合は、混紡する繊維の種類にもよるため一概には言えないものの、そんなに高い伸縮性はない)
 
 
 
 
参考になる外部サイト
日本化学繊維協会HP
 
 
 
 
 

ポリウレタンの特徴や弱点

 
 
【ポリウレタンの主な特徴】

  • 極めて高い伸縮性をもつ・・・・・主要繊維の数十倍(大体)
  • 基本的にポリウレタン100%では使用されない
  • 染色しやすい

 
 

ポリウレタンが使用される主な商品

 
 
ポリウレタン100%の商品はほぼなし。
 
2%くらい混紡するだけでも十分な伸縮性を持たせることができ、
商品名に「ストレッチ」という言葉が入っているものもポリウレタン混紡率は3%前後。
 
 

  • デニムパンツ(ストレッチデニムパンツ)
  • デニムジャケット(ストレッチデニムジャケット)
  • スキニ―パンツ(ストレッチスキニ―パンツ)
  • デニムスカート
  • チノパンツ
  • コットンパンツ
  • カーゴパンツ
  • テーラードジャケット

 
 
 トップス商品よりも、伸縮性が求められるボトムス商品のほうが需要が高い。
 
 
 
 

ポリウレタンがよく混紡される素材

 
 

  • 綿(コットン)・・・・・綿100%だと伸縮性に欠ける
  • ・・・・・麻は綿より伸縮性が低いため、よく混紡される
  • ポリエステル
  • レーヨン
  • ナイロン
  • シルク

 
 
綿ほぼ100%かポリエステルほぼ100%の生地に数パーセントだけ混紡されているケースと、
「綿 + ポリエステル」で合計ほぼ100%に数パーセント混紡されているパターンが多い。
 
 
 

 

 
[メニュー]