[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

【指定外繊維】 ラフィア素材

 

分類

 
天然繊維 > 植物繊維 > ラフィア
 
 

ラフィア(ラフィア素材)とは?

 
簡単な一行説明 = ヤシ系の植物「ラフィア」の葉から作った、柔らかくて通気性の良い植物系素材
 
 
 
詳しい説明
 
「ラフィア」とは・・・・・
 
マダガスカル原産のヤシ系の植物「ラフィア」のことで、
その植物の葉を使用した素材が「ラフィア素材」。
 
通気性の良さ(=蒸れない)が特徴で、春夏用帽子、バッグ向け素材として人気。
その他、夏用の通気性の良い靴の素材としても一部使用される。
 
 
素材の色は基本的にベージュ系(小麦色)。
 
 
硬い植物繊維と比べると繊維が柔らかく、
帽子においては柔らかいので折りたたんで持ち歩けることをPRしている商品もあり。
 
 
 
 

ラフィア(ラフィア素材)の特徴と弱点

 
 
【主な特徴】
通気性が良い
硬い植物繊維と比べて柔らかい
 
 
【弱点】
秋冬には向かない(バッグは除く)
 
 
 
 

ラフィア(ラフィア素材)を使用した主な商品

 

  • ラフィア帽子(ハット)
  • カゴバッグ(ハンドバック)
  • ショルダーバッグ
  • クラッチバッグ
  • ラフィアシューズ・・・・・靴の素材として使用される場合は、帽子やバッグよりもタイトな生地になっている

 
 
衣類での利用は特に見られない。
 
 
 

ラフィア(ラフィア素材)商品の使用素材パターン

 
 
麻などに比べるとマイナーな天然繊維のため、
法律上は「指定外繊維」という"その他繊維"扱いのため、
商品の素材欄には「指定外繊維(ラフィア)100%」という感じでカッコ内に素材名が記載される。
 
ここでは指定外繊維の表示は外します。
 
 
 

  • ラフィア100%・・・・・このケースがほぼすべて
  • ラフィア + ポリエステル少々 + ナイロン少々
  • ラフィア + ナイロン少々

 
 
 
*まれにラフィア素材に似せた、ラフィアを使用していない商品にラフィアという商品がついて販売されているケースもあり。
 
 
 
 

 

 
[メニュー]