[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

オックスフォード生地

 

オックスフォード生地とは?

 
 
オックスフォードとは、平織りの変化形「斜子織り(ななこ織り)」の薄手の織物。
商品名の中に含まれる場合、「オックス」と略されている場合も多い。
 
主に夏向けの長袖シャツ「オックスフォードシャツ」の素材として有名。
 
 
平織物の一種ではあるものの、数本の糸をまとめて織る形のため、
通常の平織りシャツよりも隙間が多いので通気性が良いことや、
軽く柔らかい生地である点などが特徴。
 
 
 
【主な特徴】

  • 通気性が良い
  • 清涼感がある
  • 軽い
  • 柔らかい(基本的に。張りのあるタイプもある模様)





斜子織りとは?

 
斜子織りとは、通常の「平織り」はたて糸・よこ糸1本ずつを、
交互に交差させていく織り方であるのに対し、
1本ではなく数本を束ね、数本をひとまとめにして織っていく織り方。
 
1本ごとの糸の交差ではないため、
束ねた数本の糸が粗い綱のようになり、ところどころにすき間があき、
通常の平織りよりも通気性が良いことなどが特徴。
 
英語でいうと「バスケット織り」とも言い、カゴバッグの表面を縮小したような雰囲気もあり。
 
 
【斜子織りの拡大図】
たて糸よこ糸1本ではなく、3本ずつまとめて織られている例

 

【以下は通常の平織りの拡大図】
(片方が白糸、もう片方が黒糸で1本ずつ交互に織られているものとしてご覧ください)

 

 

オックスフォード生地を使用した主な商品

 

  • オックスフォードシャツ・・・・・・ボタンダウンシャツタイプが多い
  • オックスフォードワンピース
  • オックスフォードスカート
  • オックスフォードジャケット
  • オックスフォードネクタイ

 
シャツが大半で、それ以外の商品での使用例はあまり見られない。
 
 
 
 

オックスフォード生地を使用した商品の主な素材パターン

 
 

  • 綿(コットン)100%・・・・・シャツに関しては綿100%がほぼすべて
  • ポリエステル100%・・・・・このタイプのシャツはまれ。
  • 麻100%・・・・・このタイプのシャツもまれ。
  • 絹(シルク)100%・・・・・オックスフォードネクタイの素材でシルク100%のものがある

 
 
デニムシャツなどと同様に、シャツ商品に関しては綿100%の商品が基本で、
他の繊維と混紡される例はほとんど見られない。
 
 
 
*ネットモール内の商品を見ていると、「ハリがある生地」と解説されている商品と 
「柔らかい生地」と解説されている商品があり、
生地の硬さはそれぞれの商品(使用される素材や糸の細さ)によって違う模様。
 
 
 
 

【類似素材】 シャンブレーとの違い

 

 

項目 オックスフォード シャンブレー
使用する糸

 

特に定義はなし。

ただし染色糸×白糸が多い模様。

(白糸×白糸パターンもあり)

 

■たて糸=染色糸

■よこ糸=白糸

 

*まれに両方色糸の商品もあり

 

織り方

 

斜子織り

(平織りの変化組織)

 

*数本の糸を束ねて平織り

 

平織り

 

*1本ずつの糸を平織り

使用される素材

「綿100%」基本

(シャツに関しては)

綿100%

麻100%

ポリエステル100%

綿(コットン) + 麻

 

など、綿製中心ながら

麻100%商品も多い。

生地を使用した主な製品

 

■オックスフォードシャツ

 

*オックスフォードは

ほとんどがシャツ商品

 

シャンブレーシャツ

シャンブレーブラウス

シャンブレースカート

シャンブレーパンツ

通気性

 

シャンブレーより高い

 

オックスフォードより低い

 

 

 

 


 

 

 

[オックスフォードとシャンブレーの主な共通点]

 

  • 主に春夏向けの薄手の織物である点
  • シャツ商品の場合、春夏系素材ながらポロシャツとは違って長袖が多い
  • 生地のカラーが豊富な点
  • 綿製が基本である点
  • 平織りである点
  • 清涼感のあるブルー系の生地が多め

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 

 

 
[メニュー]