HOME > 繊維,素材解説 > デニム生地の加工種類(ケミカルウォッシュ,ストーンウォッシュなど)

デニム生地(ジーンズ)の仕上げ・加工の種類

ケミカルウォッシュとは?

 

chemical wash

 

 

「ケミカル(chemical)」とは"科学的"というような意味で、

化学薬品(ブリーチ剤)を軽石に染み込ませて洗う仕上げ(洗い加工)方法のことをいう。

 

不規則なマダラ模様が特徴。

 

 同じように石を使う洗い加工方法の「ストーンウォッシュ」と比べて、

明確に特徴があり(まだらな雰囲気)、一目みただけで加工法がわかるような雰囲気がある。

 

 

 

 

 

ストーンウォッシュとは?

 

stone wash

 

 

「ストーンウォッシュ」とは、"石(stone)"という語句が入るように、

専用の石(軽石)とジーンズ(デニム生地)を一緒に洗うという仕上げ(洗い加工)のことをいう。

 

中古感(ヴィンテージ感)を出したりするために用いられる。

 

こちらはデニム生地(ジーンズ)だけではなく、

様々な生地にて洗い加工方法として採用されている。

 

ケミカルウォッシュほど一目見ただけでわかるような特徴はなし。

 

 

 

 

楽天で該当商品の実例画像をみる。

楽天で探す
楽天市場

 

 

 

 

 

 

 

ジーンズ加工の会社・豊和株式会社チャンネル内のストーンウォッシュ紹介映像

 

 

 

 

 

 

 

ダメージ加工とは?

 

 

「ダメージ加工」とは、

ダメージ(damage)は"損傷"というような意味で、

生地のいずれの部分に穴をあけたり、横糸だけの損傷した生地のような状態にする加工のこと。

 

最もポピュラーでわかりやすいデニム生地(ジーンズ)の加工法。

 

 

 

豊和株式会社 ジーンズ - ダメージ加工の様子紹介映像

(この映像では、高速回転するスクリューに生地をくっつけて摩擦で損傷させるような形がとられています)

 

 

 

 

 

バーナー加工

 

このタイプは、マイナーなため今のところはっきりとしたことはわからないものの、

下記の豊和さんの加工法映像を見ても分かるように、

"バーナー"という文字通り、クリームブリュレのようにバーナーで生地を熱する加工法のようです。

 

 

楽天で該当商品を見る限り、バーナーで焼くことにより、

ところどころに色素が焦げたり(or蒸発)して白くなった箇所が出来た、

ケミカルウォッシュと違う独特な雰囲気となっています。

 

 

 

楽天でバーナー加工デニムの実例写真を見たい場合はこちらからどうぞ。

楽天で探す
楽天市場

 

 

 

 

 

豊和株式会社 ジーンズ - バーナー加工

 

 

 

 

 

 

ヒゲ加工

 

はき古したジーンズのように、

くしゃくしゃ感・シワシワ感(横のシワ線)を人工的に作る加工のこと。

 

具体的な表面の雰囲気はモール内検索したりしてご確認ください。

 

 

 

豊和株式会社 ジーンズ - ヒゲ加工

 

 

 

 

 

ペンキ加工

 

 

雰囲気は映像でご確認ください。

 

 

 

豊和株式会社 ジーンズ - ペンキ加工

 

 

 

 

 

その他

 

 

  • ブリーチアウト・・・・・ブリーチ(脱色・漂白)溶液にひたして生地を漂白する加工方法
  • エコブリーチ(ぶどう糖脱色)・・・・・科学的なブリーチ剤は使わずに「ブドウ糖」を用いた脱色方法
  • ワンウォッシュ・・・・・かたい糊(のり)を生地から抜いて生地を柔らかくする目的で一度だけ水(湯)洗いすること
  • ロングストーンウォッシュ・・・・・豊和さんのHPによると長時間ストーンウォッシュすること

 

 

 

豊和株式会社HPではその他の色々な加工法も紹介されています。

(トップページから「技術加工」に進み、そこから「ジーンズ加工」に進んでください)

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る