HOME > 繊維,素材解説 > ギャバジン生地

ギャバジン(Gabardine)

ギャバジン生地・素材とは?

 

簡単な一行説明= 緻密にきつく織ってあることが特徴の、主に綿(コットン)製の生地


 


 

詳しい説明

 

緻密にきつく織られ、綾目が急角度に表れることが大きな特徴の綾織物。

("綾目"とは、綾織物を作る際に生地に現れる、斜めの線のこと)

表面はなめらかで光沢感やハリがある点なども特徴。

 

「ギャバ」と略される場合も多い。

 

もともとは、毛と綿の2つをたて糸、よこ糸に使って織られるものであったが、

現在では、綿や毛(ウール)をはじめ、ポリエステル等も使用されている。

 

撥水加工をされて販売されているトレンチコートなどもあり。

 

 

 

【特徴(類似素材との違い)】

  • きつく織られるため、綾目が他の綾織物よりも急角度(60度くらい)である
  • ハリがある
  • 光沢感がある
  • 表面はなめらか
  • 丈夫
  • 上品で、高級感・フォーマル感がある

 

 

 

【"ギャバジン(gabardine)"の語源】

スペイン語で巡礼服を意味する「gabardina」が語源であるという説など、

複数の説があり、明確な語源は不明。

 

 

 

 

ギャバジン生地が使用される主な商品

 

  • トレンチコート
  • レインコート
  • スーツ(テーラードジャケット、スラックス)
  • ギャバジンパンツ(ギャバパンツ)
  • ギャバジンシャツ
  • ギャバジンスカート
  • ベスト(ジレ)

 

 


 

 

【主に生地作りに使われる糸(材料)のパターン】

 

 

  • 綿(コットン)100%
  • 綿(コットン) + ポリエステル
  • 綿(コットン) + レーヨン + ポリウレタン
  • 毛(ウール) + ポリウレタン
  • 毛(ウール) + ポリエステル
  • ポリエステル100%
  • ポリエステル + レーヨン
  • ポリエステル + レーヨン + ポリウレタン

 

 

*パンツ類は、ポリウレタンを用いてストレッチ性をもたせた市販品が多い。

 

 

 

 

 

類似素材である「サージ」との違い

 

似た素材である「サージ」との主な違い。

(「滑らかな雰囲気の綾織物である点」「フォーマル系の素材である点」などは共通)

 

  • ギャバジンのほうがきつく織られているため、綾目が急角度である
  • サージと比べて、ギャバジン生地には光沢感がある
  • サージは紺色や黒色系の生地が多いが、ギャバジンはそうとは限らない

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る