HOME > 繊維,素材解説 > [まず先に必見] 実質的なポリエステル系素材一覧 - シフォン,オーガンジー,フリースetc

(実質的な)ポリエステル系素材一覧

 

 

このページは、

もともと毛織物扱いだったり絹織物扱いだったりするものの、

コストの関係などもあってか、現代の日本では大半がポリエステル100%で作られていて

実質的に

「ポリエステル生地(素材)」

といっても問題ないと思われるポリエステル系素材の一覧・特徴の違い情報です。

 

 

 

 

シフォン生地(素材)とは?

 

 

【定義】

薄手で柔らかく、透け感もある春夏婦人服商品向けの平織物(透け具合は生地によって様々)。

なお、透け感に関してはオーガンジーほどではない。

 

 

【由来】

フランス語で「薄い布」というような意味である"chiffe"が語源と言われる。

 

 

【原料】

定義として「絹織物である」と定義してある場合もあるが、

実際に婦人服(ブラウス・スカート)の素材として使用される繊維は、

「ポリエステル100%」のタイプが一般流通品の大半を占める。

 

 

 

【主なシフォン生地使用商品】

  • シフォンブラウス
  • シフォンスカート
  • シフォンワンピース

 

 

 

生地表面を分析したい場合はこちら

楽天市場 > 手芸・クラフト・生地 > 「シフォン生地」の検索結果

 

 

 

 

 

オーガンジー生地(素材)とは? - シフォンとの違い

 

 

特殊加工により生地が半透明になっていることあることが特徴の、

薄手で軽く光沢感もある平織綿織物のこと。

 

ポリエステル100%のタイプが多く、

少なくとも日本においてはポリエステル系素材といってもいい素材で、

高級なシルク素材のタイプはわずか。

(その他、ナイロンオーガンジーも一部あり)

 

通常の織物よりも"ハリ感"があるのも特徴。

 

 

婦人服のトップスの袖部分や、デコルテ(鎖骨周辺)部分の生地としてよく使用される。

その他、1着丸ごとオーガンジー素材で作られた半透明のシャツ商品もあり。

(スカートではあまり使用されない)

 

 

 

【主なオーガンジー素材使用商品】

  • オーガンジーブラウス
  • オーガンジーワンピース
  • オーガンジーシャツ

&nnbsp;

 

 

 

生地表面を分析したい場合はこちら

楽天市場 > 手芸・クラフト・生地 > 「オーガンジー生地」の検索結果

 

 

 


 

 

 

[類似生地のシフォンとオーガンジーの違い]

同じく透け感があって薄手のポリエステル系素材・シフォンと比較すると、

透け感という部分にてオーガンジーはシフォンより明確に透け感が強く半透明的で網(あみ)に近い雰囲気。

 

その他、シフォンは柔らかさが特徴とされるのに対し、オーガンジーはコシ・ハリのある素材。

 

 

 

 

フリース生地(素材)とは?

 

一行説明=

実質的な意味は、「ポリエステル」素材を起毛させてフエルト的雰囲気にした生地(素材)のこと

 

 


 

 

詳しい説明

 

フリース=fleece

 

本来の意味は、"刈り取った「羊毛(ひつじの毛)」をまとめたもの"という意味。

しかしながら現在の実質的な意味は、

主に化学繊維である「ポリエステル」素材を使用した織物を起毛させ、

織物ながらもフエルトのような折り目のない毛羽だった表面に加工したものを指す。

 

 

日本では、ユニクロが1990年代後半に

「フリース(フリースジャケット)」

という安価なフリース素材商品を販売し始め、素材の知名度が一気に上がる。

 

そして、主に暖かさが求められる防寒系商品に使用されている傾向。

(防風性が低いため、裏地に防風性の高い素材を使用しないと強風時に弱い)

 

 

 

 

 

【主なフリース生地使用商品】

  • フリースジャケット
  • フリースパーカー
  • フリースパンツ
  • マフラー
  • 靴下
  • 手袋

 

 

 

生地表面を分析したい場合はこちら

楽天市場 > 手芸・クラフト・生地 > 「フリース生地」の検索結果

 

 

 

 

 

ピーチスキン生地(素材)とは?

 

 

peach skin

 

「ピーチスキン」という生地・素材とは、

とても細い繊維を使用したポリエステル生地を起毛させ、 起毛された極細の繊維を短く刈り揃えた、

「桃の皮(peach skin)」の表面のような風合いを持つ柔らかくてなめらかな生地(素材)のこと。

 

婦人衣料や寝具分野にて人気。

季節的には夏向きではない模様。

 

 

 

 

生地表面を分析したい場合はこちら

楽天市場 > 手芸・クラフト・生地 > 「ピーチスキン」の検索結果

 

 

 

 

 

タフタ(別名=薄琥珀)とは?

 

 

簡単な一行説明=

光沢感と張り感が特徴の、細く細かい横ウネがある薄手の素材(主に春夏商品向け)。

 

 


 

詳しい説明

 

 

「タフタ」とは、

 

光沢感や軽快感、張り感が特徴で、

表面を近くで見てみると、わずかな横ウネが並んでいる薄手の平織物。

「畝織り」に分類される。

 

たて糸よりやや太いよこ糸を使うことなどにより、わずかに横ウネができる。

 

もともとは絹織物であるらしいものの、

現在日本で流通しているものはポリエステル製が大半で、一部絹製の「シルクタフタ」もあり。

 

 

爽やかで上品な雰囲気を演出できる婦人服の素材として、近年高い人気を得ている。

なお、基本的に春夏商品向けの素材であるものの、

春向けの薄手のコートの素材などでも使用されている。

 

 

 

【タフタという呼び方の由来】

ペルシア語で「輝く」や「紡ぐ」を意味する"taftah"が由来といわれる。

 

 

 

 

生地表面を分析したい場合はこちら

楽天市場 > 手芸・クラフト・生地 > 「タフタ生地」の検索結果

 

 

 

 

 

各素材の違い比較

 

 

項目 特徴 主な弱点 主な素材使用商品
シフォン

 

薄手

透け感あり

柔らかい

 

秋冬向けでない

 

ブラウス

スカート

ワンピース

 

*ほぼ婦人服向け

 

オーガンジー

 

半透明(メッシュ風)

薄手

コシ(ハリ)あり

光沢感あり

 

秋冬向けでない

ブラウス

ワンピース

シャツ

 

 

*ほぼ婦人服向け

ボトム商品には

あまり使われない

フリース

 

羊毛的

起毛生地

分厚い

軽い

暖かい(無風の場合)

通気性が良い

伸縮性高い

吸水性高い

 

 

防風性が低い

 

*裏地に防風性が

高い素材を使い、

弱点解決済みの生地あり

ジャケット

パーカー

パンツ

その他防寒商品

 

 

ピーチスキン

 

 

 

わずかに起毛

(桃の皮風)

柔らかい

しっとりとした風合い

なめらかな肌触り

上品

 

不明

 

[寝具]

布団カバー

枕カバー

 

[衣料]

カットソー

キャミソール

スカート

 

 

 

タフタ

 

 

横ウネあり

光沢感あり

ハリあり

上品

 

薄手のものは

秋冬向けでない

 

スカート

ワンピース

ブラウス

リボン

 

 

*ほぼ婦人服向け

 

 

*生地によっては一部例外あり

 

 

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る