HOME > 繊維,素材解説 > 【糸の種類】 リリー・ヤーンとは?

リリー・ヤーン(リリヤーン) 糸の種類

リリー・ヤーン(リリヤーン)とは?

 

「リリー・ヤーン」

 

とは、Lily-Yarnと書くものの、直訳の「ユリ糸」という意味ではなく、

もともとは様々な文献によると某メーカーの登録商標である模様。

 

なお、現代では、「リリヤーン」という言葉のほうが定着しており、

素材にリリーヤーンを使用している場合は、商品名には「リリヤーン」という言葉が使われている。

 

 

[定義]

 

光沢感がある人造絹糸を、細長い筒状に編んで作り上げた、

それ自体が編み物の一種とも言える、中が空洞になっている糸のこと。

 

 

 

[関連用語]


リリアン・・・・・リリーヤーンに関連した大正・昭和の人気手芸アイテム

 

 

リリー・ヤーン(リリヤーン)が使用される主なアイテム

 

 

  • リリヤーンカーディガン
  • リリヤーンプルオーバー

 

 

 

 













[総合トップページ(http://fashion-guide.jp/)に戻る]


[サイトマップはこちら]


Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索





[競合企業,ブランド比較(衣料系)]

[競合企業,ブランド比較(食系)]


[競合企業,ブランド比較(住/生活系)]


[競合企業,ブランド比較(東京の様々な店/場所,etc)]
このサイトのアクセスの50%占める首都・東京の様々な競合の比較




このページの先頭へ戻る