[FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]

 

 

カンガルー革

カンガルーとカンガルー革

 

 

 [カンガルー(動物)]

 

 

オーストラリアなどによく生息することが知られる草食系の動物で、

「有袋目カンガルー科」に属する動物の総称。

 

細長くて浅い靴を履いているような足が特徴。

 

小型の種類に関してはワラビ―と呼ばれ、

その種類の動物の名前にもワラビ―という名前が入っている。

(エレガントワラビ―など)

 

 

 

 


 

 

[カンガルー革]

 

 

サッカースパイクやフォーマル靴など、靴の革などとして人気。

様々なPR文を参考にすると、薄くて軽いもののひっぱりに強く丈夫な点が強み

 

 

ネットモールでは「カンガルー革」と検索するとたくさんの商品が見つかるが、

キーワード「ワラビ―革」だと販売されている商品は見つからず。

 

 

 

【特徴】

 

  • 牛革より薄いが丈夫(繊維が緻密なため薄くても丈夫)
  • 耐摩耗性に優れる
  • 軽くて柔らかい
  • 薄くて軽い
  • ひっぱり(引き裂き)に強い・・・・・手袋商品のPR文より

 

*モール内販売品の商品PR欄など参考。

新たな特徴が分かった場合に情報を追加する場合があります。

 

 

 

【主なカンガルーを使用した革の商品】

  • サッカースパイク
  • 紳士靴
  • レザーグローブ
  • 財布
  • パスケース
  • 名刺入れ
  • iPhoneケース

 

 

 

 

 

動物としてのカンガルーとワラビ―の違いとは?

 

動物としてのカンガルーとワラビ―がどう違うかという情報。

 

 

種類 特徴・違い

カンガルー

kangaroo

 

分類= 有袋目カンガルー科

定義= ワラビ―と呼ばれる小型の種類以外を指す

大きさ= 大きいものは体長1.5mくらい

レザーとして= カンガルー革商品は多数あり

 

*大きさは尾の長さを除く

 

ワラビ―

wallaby

 

分類= 有袋目カンガルー科

定義= カンガルー科の動物のうち、小型の種類を指す

大きさ= 50cmから1m以内くらい

レザーとして= "ワラビ―革"商品は見つからず(Yahooショッピングでは)

 

*大きさは尾の長さを除く

 

 

 

[まとめ]

羊と山羊が別の動物であるのとは違い、分類上は同じ科に属する動物。

しかし、大きさにより、小さな種類に関しては「ワラビ―」と呼び分けられている。

 

 

 

[例外]

Yahoo辞書などで様々なカンガルー、ワラビ―の実際の見本の絵などをみていると、

「ハナナガネズミカンガルー(尾を除いた体長約40cm)」「ニオイネズミカンガルー」といった種類もあり、

ニオイネズミカンガルーの体長は不明であるものの、

まれに、かなり小さなカンガルーにワラビ―ではなくカンガルーという名前がつけられている場合もある模様。

 

 

 

 

 

 

 
[メニュー]