[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

かつてはファッション雑誌だった「anan」の名付け親は黒柳徹子!?

 
マガジンハウスの週刊誌「anan」は
現在は女性誌という扱いながら毎回違うテーマの大特集を組み、
実際のところは男女・年代を問う事なく、幅広い人達に愛読されています。
 
しかし1970年春に創刊された当時はファッション誌にあたる媒体で、
翌1971年に創刊されたnonno(集英社)と共に
当時の若い女性達に対して大きな影響力をもつようになり、
「アンノン族」という流行語も生まれました。
 
 
そんなananですが、この雑誌はある有名人が
タイトル決定に大きくかかわっている事で有名です。
それは黒柳徹子さん。
 
 
anan創刊前の時期に黒柳さんは海外にて
"アンアン"という名前のパンダをみたそうです。
当時はパンダという動物がまだ日本では珍しかった時代で、
その事はanan創刊前野マガジンハウススタッフの耳にも入りました。
そして、もともとのタイトル公募のなかで
「アンアン」というタイトルが候補に挙がっていた中、
五十音の最初の文字で始まり、最後の文字で終わるという事も良い、
というなどからタイトルが「an・an」に最終決定。
 
そんなan・anの裏表紙にはパンダのイラストが描かれているほか、
表紙にパンダのイラストが入る事もあり。
黒柳徹子さんやパンダと深いゆかりがある雑誌。
 
 

 
 


 
[参考文献]
マガジンハウス公式サイト内の公式情報
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介