松任谷由実に苗場ライブを提案したのは元FR副社長の澤田氏

 
 
ユーミンこと松任谷由実氏が毎年冬に
苗場スキー場施設内で開催している、通称"苗場ライブ"は、
ユーミンファンだけでなく、多くの国民が一度は行きたがっている
といわれるほどの冬の風物詩。
 
1981年に初開催されて以来、多くの人々を魅了してきた。
 
そんな苗場ライブであるが、実現にはある一人のアパレル業界人が深くかかわっている。
 
 


 
 
それは、1997年から2002年までユニクロを運営する
ファーストリテイリングに在籍し、カリスマスタッフとして活躍してきた澤田貴司氏(のちのファミリーマート社長)
 
1957年に北陸地方で誕生した澤田氏は上京して上智大学に通っていた頃、
よくご飯をごちそうになっていた友人宅の隣に
松任谷正隆&松任谷由実夫妻が引っ越してきた事を知る。
 
そんな澤田氏は、ある日、ユーミン宅のベルをピンポンし、
隣人でもなんでもないにもかかわらず挨拶に行った。
すると、ユーミン夫妻は何故か挨拶に来た澤田氏を鬱陶しがることはなく、
部屋に招き入れ、そこからユーミン特製の料理を御馳走になる日々が始まった。
(なぜ、ユーミン夫妻は見知らぬ自分達を受け入れてくれたのかというと、
大学生のキャンパスライフや学生の恋愛模様を細かく知りたかったからではないかと澤田氏は独自に予測している模様)
 
 
ユーミン宅で親交を深める中、ある日澤田氏はユーミンから
若い子たちがたくさん集まるところでライブがしたいが、
今度はどんなところでライブ(コンサート)をしたら良いか?
と質問される。
 
その質問に対して澤田氏は
「苗場(スキー場)がいいと思う」
と回答。
(なぜならば、苗場スキー場は難易度が低く、
当時、男の子が初心者の女の子を連れてくるには絶好の場所だったから)
 
 
それがきっかけとなり、澤田氏はユーミン夫妻と共に苗場まで下見に。
その後の詳細は不明ながら、
「苗場がいいのではないか」という提言が紛れもないきっかけとなり、
定番の苗場ライブは1981年3月にスタートした
 
 
 


 
 
 
[余談]
苗場ライブが初開催された1981年春に上智大学を卒業した澤田氏は
伊藤忠入りして敏腕スタッフとして活躍。
長く活躍する中で1997年にファーストリテイリングに引き抜かれる。
 
その後、ユニクロは1998年秋の東京都心進出以降、
澤田氏をプロジェクトリーダーとして様々なキャンペーンを行って当時のダサいイメージ払しょくに努める事になった。
 
そんな中、ユニクロのダサいイメージを一変させたというのが、
ユーミンがユニクロのTVCMキャラクターに起用されたという事。
あのユーミンがイメージキャラクターを務めるブランド、
という事で当時、ユニクロの世間的なイメージは大きく向上した
 
 
 
さらにアイデアマン・澤田氏はFRから独立して
2005年にリヴァンプという企業再生・PR支援会社を立ち上げ、
クリスピークリームドーナツの日本進出を大成功に導いた事で有名。
そんなクリスピークリームドーナツは、日本進出前からユーミンのお気に入りチェーン店で、澤田氏がクリスピークリームドーナツの日本における店舗網を広げた事により、ユーミンは日本中何処にいてもこのチェーンの商品をある程度買いやすい状態となった
 
 
何かと、この2人は縁がある。
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介