[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

モード学園(東京/大阪/名古屋)出身者を一人でも多く知りたい

 
新宿西口の通称「コクーンタワー」で有名な東京校(=東京モード学園)のほか、
国内に大阪校と名古屋校があるモード学園は、
付近に校舎がある文化服装学院と並ぶ大手服飾専門学校として知られます。
 
そんな名門学校からはこれまでどんなデザイナー・業界人が誕生したのか
知りたいかたのために引退した人から現役の人まで、主なリストをご紹介します。
 
 


 
文化服装学院と直接的に比べると、国際的に活躍した卒業生は少なめ。
 
東京モード学園

畠山巧

1985年に東京モード学園を卒業したのち、フランスで活動。帰国後に「T・H・D LA MAISON」を立ち上げて東京コレクションにてトップデザイナーとして活躍

瀬田一郎

1986年に東京モード学園を卒業してから渡仏してジャンポール・ゴルチエ氏のもとで修業を積む。帰国後はヨウジヤマモトで活躍したのち、独立して「seta ischiro」ブランドを創設。2002年秋にミラノコレクションデビュー

水野直昭

1990年に東京モード学園を卒業したのち、某企業でキャリアを積む。1990年代の終わりに「Vetements」という名前のブランドを創設した

木下美伽

1991年に東京モード学園を卒業したのち、イタリアの有名メゾンでスタッフとして活躍。その後帰国し、「IO SONO IO」を立ち上げて東京コレクションにデビュー

△有働幸司

東京モード学園を経てセレクトショップ大手のBEAMS入り。その後ロンドン留学経て国内で「FACTOTUM」を立ち上げてメンズ分野のトップデザイナーに。近年はミラノ系ブランドは「コスチューム・ナショナル」メンズ部門のディレクターにも抜擢された。

長澤武弘

1985年に東京校を卒業したのちトキオクマガイにてキャリアを積み、2004年に藤川慎太郎と共にMonTsukiを創設して東京コレクションデビュー

藤川慎太郎

1985年に東京校を卒業して2004年に長澤武弘と共にMonTsuki設立

西崎暢

2002年に卒業し、ヨウジヤマモト社でキャリアを積む。独立後、「Ujoh」というブランドを通じて世界的に活躍

井野将之

1979年生まれ。東京モード学園を経てミハラヤスヒロなどでキャリアを積む。その後独立し、2012年に「doublet」を創設。2018年にはLVMH Prizeでグランプリを受賞し、世界中からの注目を集めた。

 
有働氏は東京コレクション公式サイトの公式プロフィールでは東京校出身という扱い。ただし名古屋校出身という情報もあり、今のところ、どちらなのかはっきりしません。
 
 
 
大阪モード学園

奥山幸子

1976年に大阪モード学園を卒業したのち、国内外での様々なキャリアを経て「TABASA」というブランドで東京コレクションに参加。

大野隆

1980年に大阪モード学園を経て渡仏し、当時の世界的デザイナーであるクロード・モンタナ氏のもとで修業を積む。帰国後に立ち上げた「INNOV」「O・D・O」にて東京コレクションに参加。

杉本ちゆき

大阪校卒業後に(株)ワイズで勤務。1994年に「CHIYUKI」を立ち上げて東京コレクションにデビュー

清家弘幸

1986年に大阪モード学院を卒業し、「セイケ(SEIKE)」というブランドで東京コレクションに参加

ミキ・ミアリ

1981年に大阪モード学園卒業したのち、パリで1992年に「MIKI MIALY」という自身のブランドを創設し、東京コレクションやパリコレにて活躍

田中文江

大阪モード学園を卒業したのち、ワールド社やサザビーリーグで勤務。さらにいくつかの企業での勤務を経て2016年に「THE DALLAS」を立ち上げ、東京コレクションにデビュー

 
 
名古屋モード学園

永澤陽一

1981年に名古屋モード学園を卒業し、トキオクマガイ入り。独立後、「YOICHI NAGASAWA」ブランドでパリコレにも参加した。2004年には毎日ファッション大賞も受賞している。

林和子

1975年に名古屋モード学園を卒業。ビギグループやイトキンを経て東京コレクションのデザイナーとして活躍

真木喜久子

名古屋出身。名古屋校を卒業したのち「ギャルデ・コレクティブ(GARDE COLLECTIVE)」を立ち上げて東京コレクションにデビュー

信太達哉

2001年に名古屋モード学園を卒業。その後、「SHIDA TATSUYA」を立ち上げて東京コレクションデビュー。

谷田浩

名古屋モード学園を卒業したのちセレクトショップ勤務を経て「STOF」を立ち上げた

 
 
卒業校不明

北村信彦

1984年に東京校を卒業。その後、「ヒステリックグラマー」のデザイナーとして国際的に活躍。東京校出身なのか大阪校出身なのか、きっはりとした公式データが今のところ見つかりません

熊谷和幸

1990年に卒業し、東京にて「ATTACHMENT」のデザイナーとして、有働幸司氏などと共に東京のメンズシーンで活躍。2007年には「KAZUYUKI KUMAGAI ATTACHMENT」でパリメンズレクションにデビュー

Fukuko Ando

1989年にモード学園卒業(卒業校不明)してから渡仏し、クリスチャンディオールでの研修を経験。1995年からのパリ拠点としてフリーのデザイナーとして活動

 
 
 
 


 
 
[参考文献]
東京コレクション公式サイト
各デザイナー/ブランド公式サイト
モード学園公式サイト
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介