東京コレクションの発祥は1985年ではなく1974年

 
日本で開催される世界的なファッションショー
「東京コレクション(Tokyo Fashion Week/Japan Fashion Week)」
は一般的に、
国内外で活躍する世界的な日本デザイナーが立ち上げた
CFD(東京ファッションデザイナー協議会)
の創設年度である1985年発祥のイベントという風に言われている。
 
ただし、実際にはイベント名こそあいまいだったとされるものの
1970年代前半から旧東京コレクションは存在した。
 
 
服飾文化の先進国であるフランスでは早い段階から
パリにてたくさんのデザイナーが短期間の間にショーを開催し、
その期間に合わせて国内外のメディアが集結する、
という習慣が出来上がっていたが、日本では各デザイナーがバラバラにショーを開催していた。
 
そんな状況を改善すべく、

  1. 松田光弘
  2. 菊地武夫
  3. 金子功
  4. コシノジュンコ
  5. 花井幸子
  6. 山本寛斎

 
という当時の東京のトップデザイナー6人は
「TD6」という組織を結成し、短期間の間にトップデザイナー達が
最新コレクションを発表する文化を作り上げた。
 
これが旧東京コレクションで、TD6にはその後、
川久保玲・山本耀司・コシノヒロコなど、新たなメンバーが加わっていく。
そういった流れの中で、発展的にCFDが発足する事となる。
 
なお、古い世代の国内のデザイナーに関していうと、
公式プロフィールにおいて
「例:1977年から東京コレクションに参加」
 というように、旧イベントの事を完全に「東京コレクション」として扱っている例も多い。
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介