[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

杏はアナスイ氏の超お気に入りモデル

 
モデル事務所から俳優系の芸能事務所に移籍して
2010年代に入ってからは演技の世界で活動している杏は、
2000年代後半に約175cmという世界レベルの長身を活かして国際的モデルとして活動していた。
 
そして、様々な世界的デザイナーに気に入られていたが、
マーク・ジェイコブス(当時はMarc JacobsとLouis Vuittonのデザイナー)
以上に彼女の事をとても気にいっていた人物として知られるのが
NYで1990年代からトップデザイナーとして活躍してきたANNA SUI(アナスイ)。
 


 
 
杏は国内での雑誌モデル活動(ノンノ専属モデル)を経て
ショーの仕事に強いモデル事務所に移籍し、
2005年秋の2006SSシーズンから海外コレクションへの挑戦を開始した。
 
そして、パリ・ミラノ・NYの3都市で大活躍するようなるが、
同じブランドのショーに長く起用し続けてもらうのが厳しい世界。
そんな中、キャリアの中で数シーズン続けた起用された例は少ない。
 
しかし、NYコレクションにおいてアナスイだけは杏を

  • 2006SS
  • 2006-07FW
  • 2007SS
  • 2007-08FW
  • 2008SS
  • 2008-09FW

と、なんと6シーズン連続で自らのショーのモデルに起用し続けた。
 
NYコレクションにおいてアナスイのショーは
限られた一部のスーパーモデルしか出演できないトップランクののショーで、
これは当時のアジア人モデルとしては快挙と言える出来事。
 
 
 


 
 
それだけでなく、2006年にはアナスイの広告モデルに選ばれて
様々な雑誌におけるアナスイの広告に単独で登場していた時期もあり、
アナスイ氏がいかに杏の事を気にいっていたのかが伺える。
 
 
 
NYコレクション2007SS「ANNA SUI」ショー映像(開始2分55秒過ぎに登場)

 
 
NYコレクション2007-08AW「ANNA SUI」ショー映像(開始5分25秒頃に登場)

 
 
NYコレクション2008SS「ANNA SUI」ショー映像(開始4分45秒頃に登場)

 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介