「パリコレ(パリコレクション)」とは和製英語に過ぎない

 
 
フランスの首都・パリで年2回開催される
世界最高のファッションショーイベント
「パリコレクション(Paris Collection)」は日本では"パリコレ"という呼称で
業界人だけでなく一般層の間でもよく知られている。
 
そんな"パリコレ(Paris Collection)"という語句ながら、
実は世界共通用語ではなく、基本的には和製英語であるという話
 
 
 


 
 
オンラインメディアで、このイベント情報を探してみるとわかるものの、
VOGUEをはじめとした海外のコレクション情報系メディアでは
どのメディアにおいても、
日本で"パリコレクション(Paris Collection)"と扱われているものが
パリ・ファッション・ウイーク(Paris Fashion Week)
という呼称で扱われている。
 
そして、このイベントを主催するフランスの
フランス・オートクチュール及びファッション連盟(FHCM)
https://fhcm.paris/fr/
の公式サイトでも、公式的にイベント名を
"PARIS FASHION WEEK"
と称しており、紛れもなくこれが"パリコレ"の正体。
 
 
FHCMの公式サイトや各国ハイファッションメディア(VOGUEなど)
においても"Paris Collection"という用語は使われておらず、
Paris Collectionという呼称が日本で独自に定着した用語である事がよくわかる。
 
 
 


 
 

海外サーチエンジンで"Paris Collection"を検索してみると?

 
 
主催団体(FHCM)の中では
"Paris Collection"デワードがあまりにも馴染みがなくて
商標登録していないのか?
正確な情報は不明ながら海外のサーチエンジンで
"Paris Collection"
というワードで検索をかけてみると主催団体情報はまったく出てこない。
 
 
例えば、YAHOO.COM(米国)やYAHOO.UK(英国)最上位は
マンチェスターの会社が経営するオンライン洋服通販の
ParisCollection(https://www.pariscollection.com/)
 
パリコレが開催されるフランスのYahoo Franceでは
上記のParis Collectionというオンラインブティックは
上位に登場しないものの、"Paris Collection" に該当する検索結果として
PARIS FASHION WEEKとはまったく関係ないページばかりが出てくる状態。
 
 
 

何故、日本では"パリコレクション(パリコレ)"という用語が定着したのか?

 
 
世界中で、パリコレはパリ・ファッション・ウイークという
呼称で統一されているものの何故日本では
"パリコレクション"という呼称が定着してしまったのか?、
100%正確な情報はないものの、
古い時代の日本のハイファッション系雑誌においては
誌面内で
 

  • オートクチュール(注文服)部門のレポート
  • プレタポルテ(既製服)部門のレポート

 
どちらの特集が組まれているかを読者にわかりやすく伝えるため、

  • パリ・プレタポルテ・コレクション
  • パリ・オートクチュール・コレクション

と、表紙や目次/誌面で呼び分けているケースがよくあり、
この呼び分け文化が元になり、
パリコレクションという呼称が定着してしまった可能性があり。
 
 
 


 
 

SNSでは"Paris Collction"というワードは使わない方が無難

 
 
Twitterで"Paris Collection"と検索をかけても、
見つかるのは日本のユーザーによるツイートばかり
 
ハッシュタグ「#pariscollection」でも
PARIS FASHION WEEKに関する海外ユーザーのツイートはほとんど見つかりません。
(ブランド側が公式ツイートにおいてつける公式的なハッシュタグも#parisfashionweekまたは#PFW)
 
 
海外の一般層の間でも基本的に"Paris Collection"という語句は
使われておらず馴染みのない言葉のようです。
 
そのため、海外の人々の目にも触れるSNSにおいて
パリコレの事を触れる場合は、
Paris Fashion Weekという語句に置き換えたほうが無難です。
(フォロワーに海外ユーザーが多いような場合)
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介