かつてPRADA専属モデルとして活躍した日本人(現俳優)がいる

 
 
ミラノ系のブランド「PRADA」といえば、
GUCCIやVersace・アルマーニと並ぶミラノ最高峰のブランド。
そして、世界全土でみても、シャネルやエルメス、ヴィトンと並ぶ存在。
 
もともとはエルメスなどと同様に皮革製ブランドであったが
1990年代に入るとアパレル(プレタポルテ)にも進出し、
ミラノコレクションの男女両部門に参加するようになった。
 
 
そんなPRADAのミラノコレクションのショーは当時から
世界中のモデルの中の最高ランクに位置するモデルしか
出演できないような狭き門であったが、
なんと、そんなPRADAから気に入られ、数年間に渡って専属モデルとして活躍した日本人男性がいるというお話。
 
 
 


 
 

その名はRIKIYA(川口力哉)

 
それはPRADAのミラノコレクション(メンズ)のショーに
2回出演した事がある伊勢谷友介(当時はメンズノンノモデル)ではなく、
坊主頭とキリッとした雰囲気の顔つきを特徴とするRIKIYA。
 
 
現在はモデル業を卒業してホリプロに所属し、
俳優・川口力哉として活動している。
 
公式プロフィール
https://www.horipro.co.jp/kawaguchirikiya/
 
 
詳しいきっかけはいきさつは不明ながら、
1993年に早稲田大学を卒業したのち、
モデル/ボクサーとして活動する中で、
1997年春開催の1998年春夏シーズンから2000年まで、
3年に渡ってPRADAの専属モデルに。
 
 
ミラノコレクション(メンズ)には

  1. 1998SS・・・・・1997年春開催
  2. 1998AW
  3. 1999SS
  4. 1999AW
  5. 2000SS
  6. 2000AW・・・・・2000年1月開催

 
 
なんと、6シーズンも連続でランウェイモデルに起用された。
 
 
流行り廃りが激しいモデル業界において
同じブランドのショーに6シーズンも連続でアジア人モデルが
起用されるような事は当時、皆無の状態で、この事はかなりの快挙と言われている。
 
 
 
 

公式的な映像

 
PRADAミラノメンズコレクション1998年春夏シーズン

RIKIYAさんはラストのモデルで起用されている。
その他、5分過ぎには伊勢谷友介さんが出てくるシーンもあり。
 
 
PRADAミラノメンズコレクション2000年春夏シーズン

9分30秒頃に登場
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介