川久保玲(コムデギャルソン)のプロフィールを簡単に知りたい

 
 
Q. 性別は?
A. 女性
 
 
Q. 生年月日は?
A. 1942年10月11日
 
 
Q. 出身地は?
A 東京都
 
 


 
 
Q. どんな人生を歩んできたの?
 
1942年に東京で生まれた川久保氏は
慶応大学の文学部を卒業したのち、化学系繊維系企業の旭化成に入社。
 
そこで数年間会社員として過ごしたのち、
スタイリストとして活動しはじめたが、
自分のイメージ通りの作品を求める中で自分で服を作り出すようになる。
 
そして1969年に「コムデギャルソン」というブランドを創設し、
1973年に株式会社コムデギャルソンを設立(法人化)。
 
その後、同じく慶応大学出身の秀才デザイナー、
山本耀司氏と共に「黒」というヨーロッパ圏ではタブーとされていた
色彩の服を基調とする戦略で、1981年にパリコレ初挑戦。
 
しばらくは黒服や前衛的すぎる作風が受け入れる事はなかったが、
3シーズン目あたりから少しずつ現地メディアに受け入れられていき、
1980年代後半には、自身が創設したコムデギャルソンを世界的なブランドへと成長させる。
 
 
1990年代以降も、抜群の経営能力でブランド規模をどんどん拡大し、
その経営センスが世界中のデザイナー・業界人から尊敬の目で見られるようになった。
 
 
2002年に還暦を迎えてからも変わらず会社のトップとして活躍し続け、
2010年代に入ると、世界のハイファッション界にてリビングレジェンドとして扱われるほどの存在に。
その経営センスはアルマーニ氏、ラルフローレン氏などと並び、
世界中のデザイナー・社長の中でトップの存在と言われる。
 
 
なお、メディアに姿を現さない人物として知られるが、
2020年秋にはパリコレに参加せず日本でショーを開催した際に
NHKなどのテレビインタビューに登場した。
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介