"ティファニーブルー"というTiffany&coの特有色には鳥の卵が関連する

 
 
19世紀前半に創設されて以来、
最高のブランドイメージと買いやすい値段でアメリカのみならず、
世界中の女性達を魅了してきたアメリカのジュエリー系ブランド、
ティファニー(Tiffany&Co)。
 
日本でも1961年公開の映画「ティファニーで朝食を」などの人気により、
幅広い女性層の間で絶大な人気を誇る。
 
このブランドの最高のイメージには
イメージカラーが大きくかかわっていると言われるが、
てあのティファニーブルー(ティファニーグリーン)
と呼ばれる独特なブランド特有色は意外な物に由来する。
 
 


 
 
 
具体的には小鳥の卵に由来し、
コマドリという小鳥のきれいな色をした青い卵が関連。
これは非公式情報ではなくティファニー公式サイトでも明記あり。
 
創業当時から、
創業者であるチャールズ・ルイス・ティファニーの意向により
使い続けてきた歴史をもつ。
 
 
では、なせこの卵の色をブランドカラーに反映させたかというと、
ティファニー公式サイトの説明などを参考にすると

  • 当時、ターコイズ(トルコ石)という宝石が人気だった
  • 古くから西洋圏において青とは高貴な色だった

こういった事が要因との事。
 
 
 
【参考文献】
ティファニー公式サイト
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介