パリコレ参加歴が一番長い日本人モデルって誰なの?

 
1950年代末から誕生した無数の日本人パリコレモデルの中で、
一体、誰が一番長期間に渡ってパリコレに参加してきたのか、
その疑問に関して、様々な公式的データをもとに探っていきます。
 
 
[2020年時点]

  • 山口小夜子 1972年から1985年(13年間)
  • 富樫トコ 1979年から1990年頃(正確な引退年は不明)・・・90年引退なら11年
  • 秀香 1980年から1990年(10年間)
  • 冨永愛 2001年から2010年(9年間)
  • [現役] CHIHARU 2011年から2020年
  • 川原亜矢子 1990年から1998年(8年間)

 
このあたりが上位となっており、
1980年代に活躍した富樫トコさん
(1991年以降のショーレポートでは見かけない)
が1990年引退で合っている場合は、13年に渡って参加し続けてきた
スーパーモデル・山口小夜子さんが2020年時点では首位。
 
 
[補足]

  • 1992年生まれの現役パリコレモデル、CHIHARUさんは今後1位になる可能性あり
  • 冨永愛さんは2020年に入って10年ぶりにパリコレに復帰した

 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介