若い頃の川久保玲はショーのフィナーレでランウェイに登場していた

 
 
コムデギャルソンの川久保玲と言えば、
マルタンマルジェラほどではないものの、
世界中のトップデザイナーの中でも特に表舞台に姿を現す事が嫌いな人物として知られる。
 
今ではパリコレのショーのフィナーレにおいて
ランウェイに姿を現す事もない。
 
 


 
では、昔からそのスタイルであったのかというと、そんなことはない。
 
パリコレデザイナーとして新人から中堅デザイナーであった頃は
まだベテランと呼ばれるクラスでなかったほか、
取材に来る人達のほうが年上であったことなどもあり、
毎シーズンかどうかまでは公式情報がないものの
ショーのフィナーレにおいては、他のデザイナー同様に
モデル全員が去ってからランウェイに姿を現し、お辞儀をして去っていくという行為を行っていた。
 
 
 
証拠映像がこちら(1990年秋開催のパリコレ1991SS映像)

ラストにてお辞儀をして舞台裏に戻っていく貴重なシーンが収録されている
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介