東京大学(東大)出身のアパレル業界人情報

 
 
西野京都大学と並ぶ国内最高峰の国公立大学である、
東京大学出身の繊維・アパレル業界人情報。
 
 
ワークマンのアパレル業界誌における躍進のキーパーソンである土屋氏は、
東大出身業界人の代表格。
 
 

土屋哲雄(ワークマン)

東京大学の経済学部を卒業したのち、30年以上に渡って総合商社の三井物産において敏腕商社マンとして活躍。その後、59歳の頃に親戚であるワークマン会長の土屋氏から同社に誘われ、2012年にワークマン入社。その後、カジュアル業態「ワークマンプラス」を立ち上げ、優秀な頭脳を武器に同レーベルを急成長させ、ワークマンのイメージを大きく買える事に成功

石塚振(WWD)

アパレル業界新聞の「WWD JAPAN」記者。東京大学の法学部を卒業したのち、新卒でWWD JAPANを発行するINFASパブリケーションズに入社し、編集部内においてデジタル分野の取材活動などで活躍

中村有沙

オアシススタイルウェア社長。東京大学の経済学部を経て水道メンテナンス系の仕事を軸とする会社に入社後、本業とはまったく異なるアパレル事業を立ち上げ、ワークマン同様の機能性の高い作業着事業を大成功させてきた若手女性経営者

 
 
デザイナーやモデル分野の有名な東大卒業生は、なかなか見当たらず。
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介