[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

ティエリー・ミュグレー(男性)はもともとバレエダンサーだった

 
改名して近年「Mugler」というブランド名になった
旧「ティエリー・ミュグレー」ブランドの創業者である
ティエリー・ミュグレー氏は、

  • クロード・モンタナ
  • ジャン=ポール・ゴルチエ

など同じくフランス出身の男性と共に、1980年代のパリモード界を席巻した世界的デザイナー。
 
全盛期は世界最高ランクのデザイナーの一人として扱われていた。
 
 


 
 
1945年にストラスブールで誕生したこの男性は、
少年時代からデザイナーに憧れ、10代後半で専門学校に入ったようなタイプの人物とは異なる人生を歩んできた事で知られる。
 
彼は、10代後半の頃(細かい時期は定かではない)に
男性ながらバレエ団でダンサーとして活動していたという歴史をもつ。
 
その後、20歳の頃に路線変更してパリに上京し、
20代後半の頃(1973年)にデザイナーデビューを果たす。
 
そして、1970年代後半から若くしてパリのトップデザイナーへと成長し、
前述通り、1980年代のパリコレにおいて、最高ランクのデザイナーとして大活躍した。
 
そんな中、もともと舞台分野の人物だけに
舞台衣装の製作も手掛けていくようになる。
さらに、現役時代は写真家としても活動した。
 
 


 
 
公式的なショー映像
(モデルが淡々とランウェイを歩く感じではなく舞台作品的になっているショー映像が多い)
 

 

 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介