「美白のカリスマ」鈴木その子は自身のブランドでパリコレに参加した事がある

 
 
美容・料理研究家の鈴木その子(本名=鈴木荘能子)は、
昭和7年に誕生したのち学習院大学で栄養の事なとを学んだ。
その後結婚して主婦業をしていたが、
40代の頃に「トキノ」という日本料理をオープンしてビジネス界にデビュー。
 
1980年代まで食・栄養に関する活動に取り組んだ中、
1990年代に入るとコスメ事業に進出し、
1990年に「トキノコスメ」を立ち上げる。
 
そんな中、1998年には突如、タレント的なポジジョンで大ブレイクし、
当時は渋谷のガングロギャルや日焼けサロンが大流行していた中、
それとは対照的な「美白のカリスマ(女王)」
として毎日のようにテレビなどに出演する国民的スターとなった。
 
食や美容で成功した彼女は晩年、
ファッション事業にもチャレンジしはじめ、
自身のブランドを立ち上げてすぐ、なんとあの「パリコレ」に出展するという快挙を達成。
 
しかし、パリコレ参加を果たした2000年末に急逝し、68歳で死去した。
少し前まで国民的スターとしてテレビでおなじみの存在だったため、
彼女が亡くなった事は当時、メディアで大きなニュースとなった。
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介