ココ・シャネル(CHANEL創業者)の生涯を1分で手短に知りたい

 
名前だけは世界的に有名ながら、

  • いつ生まれたのか?
  • いつ死んだのか?
  • どれだけすごい人だったのか?

意外と知らない人も多いと言われる、ガブリエル・"ココ"・シャネルの生涯を手短に紹介します。
 
 


 
 

1883年

日本では明治16年にあたる年にフランス西部のソーミュールで誕生。幼少期は孤児院で育った

1910年代

1910年:バリに移住したのち、この年に帽子店としてCHANELを創業

1910年代半ば:ジャージー素材の動きやすいドレスが大ヒット

1920年代

1921年:大ヒット香水「NO.5」を発売

1924年:ブランドの象徴である「ツイード素材のジャケット」を開発

1926年:シンプルな「リトルブラックドレス」が大ヒット

1930年代

1931年:映画衣装制作の仕事でハリウッドに進出

1935年:スタッフが4000人に達するなどビジネスがピークを迎える。

1939年:第二次世界大戦が勃発した中、ほとんどの店を閉めて一度引退

1940年代

長い休暇中の中で1947年にDiorがデビューするが、時代錯誤の窮屈なデザインに憤慨(自身は女性のリラックスした衣料作りに励んできた)

1950年代

1954年:様々なうっぷんが貯まって15年ぶりにパリモード界に復帰。ただし最初のうちは作品が酷評され続けた。

1950年代後半:衣料以外の分野でバッグや靴のヒット作品を生み出す

1960年代

沢山の欧米系スターがシャネルの作品を愛用するようになり、ますます名声を高めた

1970年代

1970年:ヒット香水「NO.19」を発表

1971年;亡くなる直前まで働いていたが、1月10日に87歳で死去

 
辛口なコメントをする事で知られ、
今でいうところのデヴィ・スカルノに近い雰囲気の存在だったと言われる。
 
 


 
[参考文献]
シャネル公式サイトのHistory
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介