バンタンデザイン研究所出身の主な服飾系デザイナー・業界人一覧

 

  • 東京校
  • 大阪校
  • 名古屋校

と全国3つの拠点がある日本屈指の服飾系専門学校
「バンタンデザイン研究所」は一体どんな人を輩出してきたのか、
と気になっている方向けに主な卒業生・出身者をご紹介。
 
 


 
 

桑原直

1979年に卒業したのち、イッセイミヤケグループの主要スタッフとして活躍。その後は、自身の「sunaokuwahara」というブランドで活躍

白浜利司子

1980年にバンタンを卒業したのち、1980年代後半から2010年代半ばまで30年近く「RITSUKO SHIRAHAMA」とデザイナーとして東京コレクションで活躍

高原啓

1992年にバンタンデザイン研究所のメンズデザイン研究科を卒業。アバハウスで社内デザイナーとして大活躍したのち、2001年に「Roen」というブランドを創設

濱中三朗

「roar」というブランドのデザイナー

大出由紀子

群馬県桐生市出身。バンタン卒業後、スタイリストなどを経てパートナーの吉原氏と共に「GREEN」というブランドを立ち上げて東京コレクションで活躍。「情報大陸」で活躍ぶりが取り上げられるまでになる。その後、家族の問題によりGREENというブランドを閉鎖したが、2010年代に入って夫と共に「HYKE」を立ち上げて東京コレクションに復帰。

近藤広幸

マッシュ・ホールディングス社長。バンタン卒業後、CG制作会社としてマッシュ社を設立。その後、事業領域をアパレルへと転換し、「スナイデル」「ジェラート・ピケ」をはじめとするファッションブランドを次々に生み出してきたカリスマ経営者。

大原由梨佳

1999年に卒業してから渡英してセントマーチンズで引き続き学び、同校を首席で卒業。帰国後は夫と共に「IN PROCESS」を立ち上げ、東京コレクションに参加

森永邦彦

早稲田大学に通いながらバンタンにも通う。2003年に「ANREALAGE」を立ち上げて東京コレクションで成功したのち、パリコレに進出。2019年には「毎日ファッション大賞」の大賞を受賞(2011年には同賞の新人賞を獲得している)

鷺森アグリ

1985年生まれ。2007年に卒業したのち、2008年に「agurisagimori」で東京コレクションにデビュー。2010年には毎日ファッション大賞の新人賞を受賞。

Hachi

東京コレクションに参加する「BALMUNG」のデザイナー

瀬戸あゆみ

1993年生まれのモデル兼デザイナー。青文字系モデルとして活動する一方で、デザイナーとしても活動する若い女性達のカリスマ

鯨井貴行

1987年生まれ。バンタン在学中からデザイン活動をスタート。2012年に「TELLSIT」で東京コレクションにデビュー。

[その他] 滝沢伸介

裏原宿系ブランド・NEIGHBORHOODのデザイナー。卒業はしていないものの、4カ月帰還鞍の短い間、バンタンに通っていた時期がある事を明かしている。

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介