エルメスの創業事業で有名な「馬具」ってどんなもの?

 
 
1837年にパリで創業したHERMESという高級ブランドは、
馬具工房として創業し、馬具を製造していた事はブランドのファン達や
服飾業界人達の間ではよく知られている話。
 
ただし、馬との馴染みがない大半の人々の中で、
この「馬具」というものが一体どんなものなのか知らない人も多いと言われる。
 
 


 
 
では、どんなものが「馬具」にあたるのかというと、
 

  • 鞍(くら)・・・・・・馬の背(人が載る部位)に乗せるもの。革製か木製
  • 轡(くつわ)・・・・・・口にくわえさせる器具
  • 手綱(たづな)
  • 馬銜(はみ)
  • 鐙(あぶみ)
  • 馬の顔周りに装着する額革・鼻革などの革ベルト(犬につけるハーネスのようなもの)

 
鉄製のものもあるものの、全体的には革を素材とするものが中心。
 
 
なおエルメス社は今でも馬具の製造・販売を行っており、
公式サイト内の馬具カテゴリ内では

  • 馬を覆うブランケット
  • 冬用馬着
  • 虫よけイヤーネット(耳カバー)

といった現代風の商品も販売。
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介