山本寛斎さんのプロフィールを簡単に紹介

 
 
Q.  生年月日は?
A. 1944年2月8日
 
 
Q. 出身地は?
A. 横浜市
 
 
Q. 育った場所は?
A. 主に岐阜と言われる
 
 
Q. パリコレにはいつから何時まで参加していたのか?
A. 1970年代前半から1992年
 
 


 
 
Q. 歴史を簡単に知りたい
 
 
1944年に服飾系の仕事をしていた父のもとに生まれるが、
その人物が遊び人で離婚・結婚を繰り返す人物で、
そんな父親に振り回されながら少年時代を過ごした。
(育児放棄により、一時、兄弟で施設にて過ごしていたと言われるが、結局遊び人の父親に引き取られて岐阜で高校時代まで過ごす)
 
岐阜の高校を出て東京の大学に進んだが、
上京してすぐにコシノジュンコに弟子入りしてキャリアをスタートさせる。
 
その後、若手デザイナーの登竜門「装苑賞」を受賞して注目される。
 
1970年前後からは国際的な活動をスタートさせ、
1971年にはロンドンにて日本人初のファッションショーを開催し、大成功させる。
 
その後、パリでのコレクション発表にも挑戦したが失敗。
 
失意の中、娘(山本未来)が1974年に誕生し、
一念発起して、その年にパリコレに再挑戦すると、今度は大成功。
 
そこから15年以上に渡り、パリコレでトップデザイナーとして活躍。
その他、ニューヨークでのショーを開催した事もあり。
 
また、ロンドンでの仕事がきっかけで、
デヴィッド・ボウイなど英国系ミュージシャンの衣装デザイナーとしても長く活躍した。
 
 
1992年にファッションデザイナーを引退すると、
イベントプロデューサーに転身し、
世界各国で複合的なショーイベントを開催し、
日本と開催国の友好関係の構築に大きく役立ってきた。
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介