[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

ラルフローレン(Ralph Lauren)は元ブルックスブラザーズ販売員

 
 
「ラルフローレン」は、
1970年代からカルバン・クラインなどと共に
NYにてトップデザイナー/経営者として多大なる活躍をしてきた
リビングレジェンドであるラルフ・ローレンによる世界的ブランド。
 
1967年に当時28歳のラルフ氏が「Polo」という名前のブランドを立ち上げた事にはじまる。
事業としてはネクタイ事業が発祥。
 
そんな彼はロシア移民の息子で、
1939年にニューヨークのブロンクス地区(マンハッタン地区の北側)で誕生。
そしてニューヨークの大学に入学したが、その若い頃にある老舗ブランドで働いていた過去をもつ。
 
 


 
どのブランドで働いていたのかというと、
1818年に創業したアメリカ最古と言われる衣料(紳士服)ブランドの
ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers)
 
このブランドの店舗にて彼は販売員として働きだし、
その時期に現場にて様々な事を学んだことが判明している。
 
それが、ネクタイ(紳士服商品)から事業を開始する事につながった。
 
 
 
 


 
[参考文献]
ラルフローレン公式サイト
ブルックスブラザーズ公式サイト
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介