ボタンダウンシャツはポロというスポーツ競技がきっかけで誕生した

 
 
1818年に創業したアメリカ最古と言われるファッションブランド、
BROOKS BROTHERSでは、
世間的に"ボタンダウンシャツ"という呼称で知られるカジュアルシャツの事を
 
ポロカラー・シャツ(Polo-Collar Shirt)
 
という独自の呼称で呼ぶ。
それには興味深い理由がある。
 
 


 
 
ブルックスブラザーズ創業者である
ヘンリー・サンズ・ブルックスの孫、
ジョン・E・ブルックスは1896年、
英国のイングランド地域にて英国伝統のスポーツ競技として知られる
「ポロ(Polo)」
の試合を観戦していたが、その中である事に気づく。
 
それは選手達は襟付きのユニフォームを着用していたものの、
その襟が上向きになって競技中に邪魔になる事がないよう、ボタンで留められていた
 
その発見によって気にある事をひらめき、
アメリカ・ニューヨークに帰国した彼は、
襟をボタンで留めた新感覚デザインのドレスシャツを製作&販売
 
すると、このボタンを留めたシャツは大きな評判となり、
その後、ブルックスブラザーズにとっての定番アイテムとなったほか、
「ボタンダウンシャツ」という通称で呼ばれるカジュアルシャツのジャンルの一種にまで発展し、世界中のシャツメーカーにコピーされている。
 
ただし、あくまでポロという競技に着想を得たアイテムであるため、
「ボタンダウンシャツ」という呼称が世界共通となっている今でも、
もともとの開発元であるブルックスブラザーズ社は、
"我こそがオリジナルである"というプライドもあり、
頑なに"ポロカラーシャツ"という独自の呼び方を貫いている
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介