ファーストリテイリングは世界で何番目のファストファッション企業なの?

 
 
ベーシックカジュアル系のユニクロ、
ドレンドカジュアル系のGUなどを世界展開する日本の企業、
ファーストリテイリングは世界的に有名な存在。
代表の柳井正は、競合企業の代表同様に世界有数のお金持ち。
 
では、ファーストリテイリングは
2020年時点で世界的にどのポジジョンにいるのかというと
少し前までは、アメリカのGAPは上回ったものの
スペインのZARA・スウェーデンのH&Mという2強とはだいぶ大きな差がありました
 
しかし、GUの好調やユニクロの海外人気加速などにより
世界全体での売り上げはどんどん増えていき、
ファーストリテイリング公式HP内の公開資料によると、
2位のH&Mに並ぶ規模にまで成長してきた事が報告されています。
 
具体的には2019年秋時点でのデータで4強を比較すると
1.ZARA 3.08兆円
2.FR 2.29兆円
2.H&M 2.29兆円
4.GAP 1.77兆円
となっています。
 
 
伸び率は同規模のH&Mを上回っており
今後は単独2位グループが続く状態が見えてきました。
 
そして、ZARAの背中も見えてきて、
いよいよ世界一のファストファッション企業(SPA企業)になるという、
柳井氏の目標が少しずつ見えてきました。
 
 
 
 


[参考文献]
ファーストリテイリング公式HP内の一般公開資料
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介