LACOSTEのロゴは何故ワニマークなのか?

 
参考文献
ラコステ公式サイト
(非公式情報ではなく、公式情報を参考にしています)
 
 


 
 

LACOSTEの概要

 
 
ポロシャツで有名なLACOSTEブランドは、
1990年代あたりからファッションを強化して
パリコレやNYコレクションに参加し、
今では高級感漂う世界的なスポーツ加重る系ブランドへと創業した。
 
そして、このブランドは、ルネ・ラコステという
1920年代に活躍した世界的テニスプレーヤーが創業した
という事は割とよく知られていることながら、
彼の顔が特にワニに似ているというような事もなく、
何故ロゴマークがワニであるのか疑問に思ている人が多いと言われる。
 
 
 

コーチとの賭け事がロゴマークの由来

 
 
このロゴマークの謎については、公式サイトに詳しくまとめられている。
 
その情報を簡単にまとめると、
創業者のルネは、1923年のある大会に出場するため、
ボストンに向かっていた中でワニ革のスーツケースと出会う。
そんな中、コーチと試合に勝ったらそのスーツケースを買ってあげよう、という約束を結んだ。
 
公式サイトによると、その約束はコーチのジョークだったらしいものの、
それを聞きつけた当時のスポーツ記者は、
そのエピソードを広め、それがきっかけで「ワニ」というニックネームが付いた
 
そんな経緯により、ワニという動物はLACOSTEの象徴となっていったとの事。
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介