前澤友作が設立したアート財団の理事には小林武史が名を連ねている

 
 
ZOZOTOWN創業者の前澤友作氏は、
各分野の経営者の中でも特にアート好きでアートに深い見識をもっている事で知られる。
 
そんな彼は社長として世に名が広まる遥か前と言える2012年に
「公益財団法人現代芸術振興財団」
という名称の現代アートに関連する団体を立ち上げた。
そして、自らはその財団の会長に就任。
 
 
その財団には、理事としてあるビッグネームが名を連ねている。
 
それは日本を代表する音楽プロデューサーの小林武史氏で、
2000年代から前澤氏のMr.Children好きは一部で有名であったため、
2012年に新設された団体にMr.Childrenのプロデューサーである
小林氏が名を連ねている事が大きな話題となった。
 
その他、2020年時点で
MEG(音楽家)
片山正通(インテリアデザイナー)
などが財団設立当初から「評議員」に名を連ねている。
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介