日本人デザイナーの中で最も早く海外進出したのは?

 
世界を開拓してきた日本人デザイナーの歴史をご紹介。
 
 

森英恵(一番目)

1950年代に日本映画の衣装制作で活躍するが、精神的疲労で休養入り。そんな中、1971年のはじめにパリ旅行をする中で、生前のココシャネルやサロンスタッフにシャネルスーツを作ってもらった事などをきっかけとして、モチベーションが復活。そして、1965年にNYコレクションに進出してアメリカで10年以上活躍したのち、1977年にパリコレ進出。実は高田賢三よりも海外進出の歴史が古い。

三宅一生

1965年に渡仏してジバンシィなどで働いたのち、1969年からはNYで活動。1970年に帰国して会社を立ち上げ、1971年にNY進出、さらに1973年にはパリコレに進出した。

山本寛斎

1971年にロンドンで日本人として初めてショーを開催して大きな注目を浴びる。その後、1974年からはパリコレで活躍。

高田賢三

1964年に船でパリに渡ったのち、1965年から現地での修行を開始。1970年に自身の店「ジャングルジャップ」を開業して本格的なスタートを切ったのち、1973年にパリコレデビュー。

鳥居ユキ

1960年代から国内で活躍したのち、1975年にパリコレデビュー。2000年代後半まで30年以上パリコレに参加し続けた。

コシノジュンコ

文化服装学院時代のライバルである賢三から遅れる事5年、1978年にパリコレデビューして2000年まで22年間パリコレに出展

1980年代前半

コムデギャルソン(川久保玲)やヨウジヤマモト(山本耀司)、ジュンコシマダ(島田順子)などが続々パリコレに参加。

 
既に日本で活躍していたデザイナーが海を渡るという意味では、
1965年から海外で世界的デザイナーとして活躍する森英恵さんがパイオニア
 
パリだけに絞ると1973年デビューの三宅一生と高田賢三もパイオニアと言える存在。
 
 
 
[注記]
その他、吉田ヒロミさんが三宅一生さんより早く、
1965年にジバンシィに入社してオードリー・ヘップバーンなどを
担当していた例があるものの、こちらはジバンシィ社内スタッフとしての活動のため、この例は除外しています。
(吉田ヒロミさんは単独デザイナーとして海外で目立った活動はしていない)
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介