Proenza Schoulerのジャック・マッコローは東京生まれ/西麻布育ち

 
 
 
プロエンザ・スクーラーというブランドは、
2人の男性デザイナーによって2002年に立ち上げられたのち、
わずか数年の間に急成長してNYコレクションにとって、
なくてはならない存在となったアメリカを代表するハイファッションブランド。
 
近年はパリコレに進出してショーを開催した事もあるほど。
 
 
そんなプロエンザ・スクーラーという世界的なブランドは、
日本とのゆかりが深いブランドであった。
 


 
それは2人のアメリカ人デザイナー、

  • ジャック・マッコロー
  • ラザロ・ヘルナンデス(エルナンデス)

のうち、ジャック・マッコロー(Jack McCollough)のほうは
国籍はアメリカながら日本生まれ・日本育ちであると言う事。
 
日本が大好きな彼は、様々なインタビュー記事で
自らが東京生まれである事を明かしている。
 
具体的には東京都心に位置する
港区西麻布エリア(六本木ヒルズの西側)で生まれ育った人物で、
物心ついた段階でも東京都心で暮らしていたため、
日本語を少し話せる事などを語っている。
 
 
また、日本生まれだけに日本の文化やファッションがとても好きで、
川久保玲などの日本人デザイナーに敬意を持っている事なども明かしている。
 
 
 


 
 
その後、6歳の頃に日本を離てアメリカに移住した彼は、
ニューヨーク付近のニュージャージーで育ち、
ニューヨークのパーソンズデザイン学校在学中に
マイアミ出身のラザロ・ヘルナンデスと出会い、世界的なデザイナーの1人へと成長していった。
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介