カニエ・ウエストは元GAP店員

 
 
アメリカ出身の世界的なヒップホップ系アーティスト、
カニエ・ウエストと言えば、世界中のアーティストの中でも特に
ファッション業界との関係が深い人物として有名。
(妻はリアリティーショーで有名なキム・カーダシアン)
 
例えば、「YEEZY」というブランドを通じて
ファッションデザイナーとしても活動をしているほか、
2010年代後半からLouis Vuittonのメンズディレクターとして活躍する
ヴァージル・アブローとも深い関係にあり、
ヴァージルのルイヴィトンデビューショーでは
フィナーレにて会場のフロントローに座っていたカニエと
感動の抱擁を交わし、その事は大きなニュースとなった。
 
そんなカニエ・ウエストは若い頃にわずかながらアパレル業界で働いていた事がある。
 
 
 


 
 
それは、アメリカを代表する低価格カジュアルブランドで
日本のユニクロのライバルとして常に比較されてきたGAP。
 
1977年にシカゴで生まれた彼は、
20代前半の頃からアーティストやプロデューサーとして活躍し出すが、
10代の頃にはシカゴのGAPにてショップスタッフとして働いていた時期がある事が判明している。
 
そんな意外な過去を持つ彼であるが、
時を経て2020年にはかつて働いていたGAPとYEEZYが長期的な
パートナーシップを結んだ事が判明し、
数十年ぶりにGAPに帰還した事が世界中で大きなニュースとなった。
 
 
 
 

 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介