[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

実家が呉服屋/洋服屋の有名人が知りたい

 
 
繊維・アパレル業界で活躍する人、その他の世界で活躍する人の中には
実家が呉服屋または洋服屋(衣料品)であるケースが存在します。
 
そんな中から主な例をご紹介。
 
 
[実家が呉服店]

小西良幸(服飾デザイナー)

実家が三重県津市の有名な呉服屋で、小さな頃はお金持ちの子として育ってきた

阿部潤一(服飾デザイナー)

kolorデザイナー。山形県天童市で、呉服屋の息子として誕生。

松任谷由実(ミュージシャン)

実家は1912年(大正元年)に創業した東京・八王子の荒井呉服店。八王子市の中心部を通る甲州街道沿いに店があり、ファンの間では聖地となってきた。2019年から2021年秋までは2年以上に及ぶ改修期間に入り、約500m東の仮店舗で営業をしている。

YOSHIKI(ミュージシャン/デザイナー)

実家は千葉県内の呉服屋。その後、2015年には「YOSHIKIMONO」という和洋折衷の着物ブランドを立ち上げ、デザイナーとして東京コレクションにデビュー。

 
 
[実家が洋服店]

鳥居ユキ

祖母と母が開業した洋装店の娘として生まれた。そんな祖母と母は、まだ若くて可能性溢れる娘(ユキ)に対して英才教育を行い、世界的なデザイナーへと育て上げた

吉田ヒロミ

母が「オートクチュールSetsu」を経営しており、高校を卒業してから、この店を通じて技術の向上に励んできた

コシノ3姉妹

実家は小篠綾子氏が大阪の岸和田で立ち上げた「コシノ洋装店」

山本耀司

母が新宿で洋装店を営んでいたという背景をもつ

山本里美

世界中に店舗を持つヨウジヤマモトの山本耀司氏の娘

芦田多恵

父が東京でJUN ASHIDAを経営しているほか、皇室デザイナーとして働いているという特別な環境の中で育つ

小篠ゆま

HIROKO KOSHINOのデザイナー、コシノヒロコの次女&小篠綾子の孫

 
 
[その他]

  • 店舗をもっていたかどうかは定かではないものの、山本寛斎の父は"仕立職人(テーラー)"

 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介