東京藝術大学出身のデザイナー/業界人が知りたい

 
 
「東京藝大」こと東京藝術大学は、
多摩美術大学などと並ぶ国内最高峰のアート系大学の一つ。
 
そんな東京藝大出身の主なデザイナーやアパレル業界人を紹介。
 
 

石岡瑛子(デザイナー/衣装家)

1960年代初頭に藝大を卒業したのち、資生堂で活躍。その後、アメリカに渡って世界的な衣装デザイナーとして活躍。アカデミー賞の衣装デザイン賞を獲得するまでになった

石本藤雄(デザイナー)

東京藝大を経て日本の繊維問屋に就職。1970年に入って海外に渡り、1974年から30年以上に渡り、マリメッコの中心的デザイナーの1人として活躍。なお、大学を出て入社した繊維問屋は石岡瑛子からの紹介であるという

伊勢谷友介(ファッションモデル)

山本寛斎の異母兄弟。東京藝大のデザイン系学科に在籍していた頃にメンズノンノ専属モデルとして活躍。デザインを学ぶようになったのは兄である寛斎氏が関係している可能性もあり

村上隆(アーティスト)

1962年生まれで30代になった1993年にようやく東京藝大を卒業。2000年代に入ってからマーク・ジェイコブス率いるルイヴィトンとコラボし始め、部下と共に「モノグラム・マルチカラー」という印象的な柄を生み出し、ルイヴィトンの客層拡大に大きく貢献。2010年代以降もハイファッションの世界で活躍

 
 
純粋なデザイナーとして最も成功した人物と言えるのは、元マリメッコの石本氏。
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介