日本好きのジェレミー・スコットは(ある程度)日本語が理解できる

 
 
世界中には「日本好き」を公言する世界的デザイナーが多数存在するが、
アメリカ系デザイナーの中で、特に日本好きで知られるのが、
モスキーノのデザイナーとしても活躍するジェレミー・スコット。
 
彼は、プライベートで度々日本に来日し、
東京の観光名所やオタク系スポットなどを巡っている事を語っている。
また日本のアニメやキャラクターをこよなく愛する人物としても知られる。
 


 
 
更に、それだけでなく、
学生時代に日本語を習っていた過去を持つだけに、
ひらがな・カタカナをかなり習得しているほか、
漢字もある程度は理解できる事、
日本メティアのインタビューにおいて
インタビュアーが日本語で質問した事の内容なども
ある程度は理解できる事を自ら語っている。
 
さらに日本メディアからのインタビューを受ける時などは
まず日本語での自己紹介をしてインタビュアーを驚かせるほどの親日家。
 
 
 


 
 
日本語を理解できている証拠と言えるインスタ投稿
AMIAYAとの写真にて
WATASHI NO TOMADACHI
CHOOO KAWAIIII
と書いている。

 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介