マルタンマルジェラは実在しないデザイナー?

 
 
パリコレやミラコレなど各地で開催するショーにおいて、
表舞台に出る事を嫌う人も含めて、
ほとんどのデザイナーはショーのフィナーレにてランウェイに姿を現す。
 
中には目立つ事を好む人も存在し、例えばジョン・ガリアーノはクリスチャン・ディオールのショーのフィナーレにおいて派手な衣装で登場し、毎回注目を集めてきた。
 
 
一方、川久保玲など表舞台に出る事を嫌い、
フィナーレにおいて(基本的に)ランウェイを現さないでサイナーもわずかに存在。
しかし、そんな川久保玲も若い頃はフィナーレでランウェイに登場して
お辞儀をして舞台裏に戻っていた時期があるほか、
メディアのインタビューには度々顔写真付きで登場してきた。
 
そのため、謎のデザイナー・川久保玲がどんな姿をしているかは世界中の関係者が知っている。
 
しかし、川久保玲以上に謎の世界的デザイナーが一人存在する。
 
 
 


 
それはコムデギャルソンの川久保玲を強く尊敬する事で知られる
ベルギー出身のデザイナー、マルタン・マルジェラ。
 
川久保玲(1942年生まれ)より15歳若いマルジェラ(1957年生まれ)は、
川久保玲のスタイルを参考にしたのかはわからないが、
極度に表舞台に出る事を嫌い、ゴルチエのもとでの修行を経て
自身のブランドを立ち上げた頃からまったく表舞台に姿を現す事はなかった。
 
そして、アトリエなどで働くのみで

  • ランウェイに姿を現さない
  • 顔写真も一切公開されない
  • 個人でインタビューに応えない

といった事により、世界的な注目が高まるほど、
一部の人達の間で「本当に存在する実物なのか?
本当はデザインチームがデザインしている感じじゃないのか?
という疑念をもたれはじめる。
 
 
 


 
しかし、「実在しない架空の人物」というのはあくまで噂に過ぎず
表舞台には姿を現さないものの、
例えばエルメスのデザイナーを努めていた頃は
アトリエで働くのみでなくショーの舞台裏でも積極的に仕事をし、
その姿を関係者やランウェイモデル達は確かに目撃している
 
そして、姿を目撃した人達は、様々なところで
マルジェラはどんな人物であったかという事を語っており、
実際に姿を見た人/彼と接した人達が語る貴重な話は高い注目を集めてきた。
 
 
なお、表に姿を現さない姿勢は一貫して変わる事なく、
結局、一度もデザイナー写真が公開される事なく、引退してしまった。
 
 


 
以下の記事にはマルジェラと思われる男性の写真があり
https://www.wwdjapan.com/articles/609417
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介