ハナエモリ/ひよしや出身の主な業界人/デザイナー情報

 
高田賢三氏と並ぶ日本人ハイファッションデザイナーの草分け、
森英恵氏が立ち上げた「HANAE MORI」にて
もともと働いていた歴史をもつ主な業界人・デザイナーなどを紹介。
 
森英恵氏がキャリアをスタートして1950年代に開いた新宿の店
「ひよしや」の出身者も含みます。
 
 
 

  • 磯村暁子(いそむらあきこ)
    • 1944年生まれ。上智大学を経て1968年に株式会社ハナエモリ入りし、国内でスタッフとして活動。1976年からは渡米してNYのハナエモリUSAにて活動。その後、独立して「VIVIDAKIKO」ブランドを立ち上げ、東京コレクションのデザイナーとして活躍
  • 熊崎直道
    • 杉野ドレスメーカー学院出身。ハナエモリ・プレタポルテ部門のチーフデザイナーとして活動していた時期あり(熊野氏の公式サイト情報)
  • 天津憂
    • NYでの修行を経て帰国し、若くして国内にてトップデザイナーとして活躍。そんな中、ハナエモリ社からのオファーを受けて、ハナエモリ(ハナエモリ・マニュスクリ)のデザイナーとして2014年から2018年まで東京コレクションにて活躍
  • 岸本一彦
    • 1936年生まれ。1962年に「ひよしや」入社。その後、独立して1987年に三陽商会との提携で「RVE LIBRE」というブランドを立ち上げ、東京コレクションに参加

 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[渋沢栄一(話題の人物)関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介