ブランド名に「茶道」が付くパリコレ/NYコレクション参加ブランドがある

 
 
 
日本文化を愛するデザイナーは世界中にたくさん存在。
 
その中でも、並々ならぬ日本文化好きで、
ブランド名に「茶道」をつけてしまったアメリカのデザイナーが存在するという話。
 
 
 


 
 
そのデザイナーとは、パリコレやNYコレクションで活躍してきた
アメリカ人大物デザイナーのラルフ・ルッチ(Ralph Rucci)。
 
日本好きな彼は1980年にNYのFITを卒業したのち、
1981年に「ラルフ・ルッチ」を立ち上げてデザイナーとしての活動をスタート。
 
その後、1994年には日本の茶道(さどう)にちなんだ
プレタポルテ/既製服ブランド
「CHADO(チャド) Ralph Rucci」
をスタートさせてギアを入れ、1999年からNYコレクションに参加。
(同時期に会社名もCHADO RALPH RUCCIに改称)
 
2002年からはフランスとは敵対するアメリカ人デザイナーながら
パリコレ主催団体側からゲストメンバーとして認められ、

  • カール・ラガーフェルド(CHANEL)
  • ヴァレンティノ・ガラヴァーニ
  • ジョン・ガリアーノ(Dior)

などと共に、パリコレのオートクチュール部門に参加。
それによって世界的デザイナーの仲間入りを果たした。
 
 
その後、しばらくパリコレ参加は休止となるが、
2020年前後から今度は「Ralph Rucci」というブランド名にて
再びパリコレのオートクチュール部門に参加するようになり、
名声を高めている。
 
なお、茶道とは「さどう」と読むのに
彼はブランド名にSADOではくCHADOをつけており、
これは日本人からするとある意味大きなミスであるが、

  • 茶道という文化/精神に対する興味だけが強くあるのか?(茶道はしていない)
  • プライベートで本当に茶道を愛しているのか?

その辺りは明らかになっていない。
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介