JINSの今日の繁栄には柳井正が大きく関わっている

 
 

  • 機能性の高さ
  • 品質の良さ
  • 値段の安さ
  • 会社の誠実な姿勢

 
など、ファーストリテイリングの理念/特徴によく似た戦略にて
2010年代に入ってから、すっかり国民的なメガネチェーン店となったJINS。
 
このチェーン店(JINS)を運営するJINS HD(旧:株式会社ジェイアイエヌ)は、
田中仁(じんではなく読み方はひとし)というカリスマ経営者が経営しているが、
2006年に上場してから右肩上がりで成長してきたわけではない。
 
上場後、ワンマン経営者の慢心により、しばらく事業が低迷していた時期がある。
 
そんな中、ある先輩経営者が業績回復のキーパーソンとなった。
 
 


 
 
それは、格安カジュアル衣料チェーンを展開する
ファーストリテイリングの柳井正氏。
 
業績不振が続く中、困った田中仁社長は2008年の末、
コンサルタントからの提案がきっかけとなり、
ファーストリテイリングの柳井正氏から事業を診断してもらえる機会を得る事に成功。
 
実際に会った柳井氏からは、
経営姿勢などについて極めて厳しい診断をされたほか、
当時低迷していた株価について
「株価が低迷しているのは、あなたの会社には(現状で)将来性がないと思われているという事」
など厳しい言葉を浴びせられたが、
それをきっかけとして、
柳井氏の考え方やユニクロ(FR)の経営理念などを参考にしながら
勇気をもって事業改革を行うようになる。
 
 
理念が伴った会社は中長期的には確実に結果を残せる、
という自信のもとで歯を食いしばって精進していったところ、
見事に事業を軌道に乗せる事に成功し、
JINSと格安メガネチェーンは国民的ブランドへと成長した。
 
 


 
 
そんな田中仁氏はメディアの取材において
事ある事に柳井氏の言葉によって自己改革が出来た事や
柳井氏に対する経緯などを語ってきた事で知られるが、
もし2008年に柳井氏と会う事がなかったら
JINSの事業はうまくいく事なく低迷続き、
あるいは事業撤退へと至っていた可能性も十分にあり、
柳井正氏はJINS復活の影の立役者と言われている。
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介