[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

多忙なカールラガーフェルドは最大で同時に何ブランドのデザイナーをしていたか?

 
 
2109年初めに亡くなった世界的なドイツ人デザイナー、
カールラガーフェルドは生前、際立って多忙な人物として知られていました。
 
そして、
「一体、最大で同時に何ブランドのデザイナーをしていたか?」
という疑問をもつ人が多いと言われているので、
各ブランド公式サイトのデータなどを元に、情報をまとめました。
 
 


 
 
1933年にドイツで誕生したカール・ラガーフェルドは、
1954年に「International Wookmark Prize」の前身となる賞の「コート部門」を21歳で受賞。
それを機にピエール・バルマン入り。
その後、ジャン・パトゥのスタッフを経て、
1964年にはパリのメゾン「Chloe」のデザイナーに。
さらに1965年からは、FENDIのデザイナーに就任(亡くなるまで関係は続く)。
ここから2ブランドをかけもつ生活が長く続きます。
 
 
時を経て
1983年にはパリのシャネルの新デザイナーとなり、
翌1984年には自身の名を冠した「カール・ラガーフェルド」を設立し、
更に多忙な状態に。
一方で、1980年代半ばには一度、クロエから離脱。
 
しかし、1992年にクロエのデザイナーに復帰した事により再び、

  1. Chloe(パリコレ参加)
  2. FENDI(ミラコレ参加)
  3. Chanel(パリコレ参加)・・・・・プレタポルテ&オートクチュール両方
  4. KARL LAGERFELD(パリコレ参加)

4ブランドをかけもつ超多忙な状態に。
 
1996年にクロエから再び離脱するまでこの状態は続きましたが、
ステラ・マッカートニーにChloeを任せた事により、

  1. FENDI(ミラコレ参加)
  2. Chanel(パリコレ参加)
  3. KARL LAGERFELD(パリコレ参加)

3ブランドに減少。
 
 
2000年代後半あたりには「カールラガーフェルド」というブランドが
パリコレには参加しなくなったほか規模が縮小され、
2010年代に入ってからはコレクションに関しては

  1. FENDI(ミラコレ参加)
  2. Chanel(パリコレ参加)・・・・・プレタポルテ&オートクチュール両方

をかけもつ状態となりました。
(FENDIに関してはシルヴィア・フェンディとの2人体制)
 
 
まとめると、スーパーモデル全盛期の1990年代半ば、
カール氏が60歳前後だった頃は間違いなく
 

  1. Chloe(パリコレ参加)
  2. FENDI(ミラコレ参加)
  3. Chanel(パリコレ参加)
  4. KARL LAGERFELD(パリコレ参加)

 
4つのビッグメゾンのデザイナーを兼任していた時期があり、
この数は世界最多と言われています。
(2つのブランドの兼任に耐えられず、どちらかを退任するケースが多い)
 
 
[主な参考文献]
各ブランド公式メディア
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介