[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

かつてロンドンでもオートクチュールコレクションが開催されていた

 
 
世界の4大コレクションで"BIG4"と称される

  • パリコレクション
  • ミラノコレクション
  • NYコレクション
  • ロンドンコレクション

のうち、既製服部門(=プレタポルテ)のショーのほかに、
高級注文服/仕立服(=オートクチュール)部門が存在するのはパリだけ。
 
イタリアではミラノではなくローマ開催のオートコレクションが存在してきたが、ミラノコレクションのオートクチュール部門は存在しない。
 
そして、NYとロンドンも現在はオートクチュールと無関係ですが、
実はかつて、ロンドンでは一時期オートクチュールコレクションが開催されていた時期がある。
 
細かくいつからいつまで開催されていたのかは定かではないが、
ロンドンコレクション(LONDON FASHION WEEK)が1984年にスタートしたのち、
1990年前後には確かにオートクチュールコレクションが存在した歴史をがあり、
例えば、1989年にクリスチャンディオールから解雇された
マルク・ボアン(Dior3代目デザイナー)をデザイナーとして招聘した
「ハートネル(HARTNELL)」というブランドなどが出展していた。
 
しかし、ほとんど注目を集める事なく、文化として根付く事もなく、
ロンドンのオートクチュール部門は短期間で消滅してしまった。
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介