賢三や一生より10年以上早くパリデビューを果たしている日本人デザイナーがいる

 
 
1964年に渡仏したのち現地で修業を積み、
1970年に独立して「ジャングル・ジャップ」という店を開いた高田賢三。
 
その翌年(1965年)に渡仏してギラロッシュやジバンシイで修業を積み、
さらに1968年からはNYで修業を積んだ三宅一生。
 
一般的には、この2人が揃って1973年にパリで単独ショーを開催したのが
日本人デザイナーのパリ挑戦の起源として語り継がれているような状況。
 
 
しかし、実はそうではなかった。
彼らより10歳以上年上のある日本人デザイナーが、10年以上早くパリデビューしている。
 
 


 
 
 
その人物とは、大正末期(1920年代)に誕生した中村乃武夫という男性。
 
この中村氏は賢三と一生がまだ学生であった1960年、
日本人として初めて、フランス・パリでのファッションショーを開催。
 
その後も1960年代半ばからは
森英恵などと共に「東京コレクショングループ」という組織を立ち上げたり
皇太子妃・美智子様の衣装デザイナーとして活動するなど、
1960年代・1970年代頃に日本最高峰のデザイナーとして活躍。
 
2010年代に入って亡くなったが、
この人物が実は日本人デザイナーのパリ挑戦の原点である、
という事実を知らない若者も多いと言われる。
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[データ系]

 


 
[データ系(学校/ブランドOB・OG]
(人気コンテンツ)

 
 


 
[コラム系]

 
 
[話題の人物・渋沢栄一関連]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介