上田安子服飾専門学校の主な卒業生が知りたい

 
 
第二次世界大戦中発祥で、
1950年代からは多数の海外デザイナーと提携して高度な教育を行い、
これまでにたくさんの業界人を輩出してきた大阪の上田安子服飾専門学校。
 
そんなこの学校からは、一体どんな有名デザイナー等が誕生したのか?
と気になっているかた向けに主な人物をご紹介。
 
 


 
[デザイナー]

小松昇平

大阪府出身。1988年に卒業したのち、「NOTORIOUS」というブランドを立ち上げて大阪コレクションに出展

木村多津也/吉田早苗(デュオ)

2人とも1977年生まれ。UEDAを卒業したのち、2人で2001年に「DISCOVERED」を立ち上げ、東京コレクションで活躍

森川マサノリ

2004年にファッションビジネス学科を卒業。その後、渡英して当時の注目ブランド「シャルル・アナスタス」のスタッフとして活躍。帰国後に「CHRISTIAN DADA」を立ち上げて2010年代にはパリコレ進出。

村上亮太

1988年生まれ。2014年に「RYOTA MURAKAMI」を立ち上げ、2017年に東京コレクション初参加

石野愛弥

2013年にファッションクリエイター学科を卒業。その後、企業所属デザイナーを経て2017年に「EBONY」を立ち上げた。

 
 
2020年時点で卒業後に特に目立った活躍を見せてきたのは、
クリスチャン・ダダの森川マサノリ氏。
 
 
 
[その他]

  • 高瀬清子・・・・・・コムサ系ブランドで有名なファイブフォックス社の立ち上げメンバーの一人
  • 三戸なつめ(モデル/歌手)・・・・・2011年にファッションクリエイター学科を卒業。その後、青文字系モデルとして活躍したほか、中田ヤスタカプロデュースの曲をヒットさせている

 
 
 
 
あらゆるものが一極集中する東京ではなく地方(大阪)の学校という事もあり、
東京の文化服装学院などと比べると有名な卒業生は少ない。
コシノヒロコ・コシノジュンコなど、大阪の専門学校に通うのではなく、
上京して東京の学校で成功する例も目立つ。
 
 
 


[参考文献]
上田安子服飾専門学校
東京コレクション公式サイト
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介