[FASHION-GUIDE.JP(Since 2008)]

 

クリスチャン・ディオール氏(Dior創業者)の生涯を手短に知りたい

 
ココ・シャネルが90歳近くまで長生きし様々な伝説を残したのに対し、
わずか10年の活動を経て若くして亡くなってしまった
Diorの創業者、クリスチャン・ディオール氏は
一体どんな人物であったのか若い世代の人にはあまり知られていないと言われます。
 
そんな中、彼の事を手短に知りたいというかたのために簡単な歴史をご紹介します。
 


 
 

1905年

パリの西側に広がるノルマンディー地域で生まれる。

1910年代

幼少期にパリへ移住。なお、幼少期に住んでいた家の1階には葛飾北斎や歌麿の作品を模した版画が飾られていて、それを機に日本に強い興味をもつようになった

1920年代

1928年:友達のジャック・ボンジャンと共に、20代前半の若さでパリで現代アートギャラリーを開設

1930年代

アートギャラリーにてパブロ・ピカソをはじめとした世界的アーティスト作品を扱うなど、アートの世界でビジネスマンとして活躍。その他、ディオール公式サイト情報によるとイラストレーターとして活動していた時期もあり

1940年代

1946年:41歳でアートの世界からファッションの世界へと身を投じ、12月にパリでメゾンを創設

1947年:2月にファーストコレクションを発表。アメリカのHarper's Bazzar編集長から「ニュールック」と絶賛される。以後、様々な独創的デザインを発表していき、あっという間に世界的デザイナーへと昇りつめた。

1950年代

1950年代に入っても快進撃は続く。(そんな中、彼の作風に疑問をもつココ・シャネルをディオールに対抗すべく15年ぶりに活動を再開)

1954年:審査員を務めた新人向けの大型賞で、当時まだ10代後半のイヴ・サンローランを発見。そして彼を自身のメゾンに招き入れる。

1957年:世界最高ランクのデザイナーとして活躍する中、50代前半の若さで急逝。それにより、当時21歳のイヴサンローランがデザイナーの座を引き継ぐ事となった。

 
わずか10年しか活動していないものの、
ここまで高くキャリアを評価されているデザイナーは他に存在しないと言われる。
 
 
 


[参考文献]
クリスチャンディオール公式サイト情報
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介