北野武は小西良幸(ドン小西)のショーの演出を手がけた事がある

 
 
 
2000年代以降、
デザイナーとしては第一線を退いて
"ドン小西"として活動している小西良幸氏は、
1980年代から1990年代後半にかけての
東京コレクションのトップデザイナー。
 
川久保玲・山本耀司・コシノ3姉妹などとともに
東京コレクションにおいて中心的なポジションに存在し、
毎シーズン、盛大なショーを開催していた。
 
当時はタレントからの
「FICCE」
「YOSHIYUKI KONISHI」
の人気もすごく、ビートたけし(映画監督名=北野武)は、
特に小西のブランドのファンとして有名であった。
 
 
 


 
 
そんな背景もある中、
小西氏がデザイナーとして絶頂期を迎えていた1992年11月に開催された
「YOSHIYUKI KONISHI」の東京コレクションのショーの演出を
北野武氏が担当した事がある。
 
当時の小西氏は、
毎シーズン正統派の本格的なショーを開催していたが、
国内最高峰のコメディアンでもある北野氏の演出だけに、
ランウェイに登場するメインモデルは、
西洋系のイケメン男性モデルであったが、
たけし軍団のメンバーを様々な形でショーに絡ませ、コミカルなショーに仕上げた。
(そのうちの何人かはランウェイにモデルとして登場)
 
当時は東京コレクションにおいて、
トップデザイナーなコメディ要素のある本格的なショーを開催するのは珍しかったが、
バブル崩壊で不況にあえぐ日本経済の中で
明るい雰囲気の奇抜なショーの演出を高く評価したメディアもあったと言われる。
 
 
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介