1854年に創業したLouis Vuittonの歴代当主情報(4代目の情報は除く)

 
 
1854年にトランク事業からスタートしたフランス・パリのブランド
「Louis Vuitton」
は少しずつ事業領域を拡大して世界最高ランクの総合服飾系ブランドへと成長しました。
 
そして、150年を超える歴史を誇るだけに、何度も当主や社長が入れ替わっています。
そんな中、どういったバトンタッチの歴史をもっているのか昔から気になっている方向けに情報を可能な限りでまとめてみました。
 


 
[注記]
4代目の情報はある程度判明しているものの、
公式情報がなかなか見つからないため、念のため省略させてもらいます。
どうしても気になる場合は他のメディアをご参考にしてみてください。
 
 

ルイ・ヴィトン(初代)

1821年生まれ。公式サイトによると、当時は旅人の荷物が粗末に扱われていた中、16歳(1837年)の頃から荷物を頑丈に保護するトランク職人としての道を歩み始め、マレシャルという人物のもとで17年間勤務。そして1854年にパリでアトリエを開いた創業者。1892年死去

ジョルジュ・ルイヴィトン(2代目)

創業者の息子。創業者から健在であった年代から長きにわたって事業面で活躍した。1886年にはトランクがそのまま「金庫」になる、鍵付きの特殊な商品を開発

ガストン・ルイヴィトン(3代目)

Gaston Louis Vuitton。公式サイトによると、歴代当主の中でも特に好奇心が旺盛であった人物。様々なコラボを行ってきた歴史を持ち、それが現在の「守りに入らない(チャレンジ精神旺盛な)」ルイヴィトンのスタイルにつながっている模様

4代目

省略

パトリック・ルイヴィトン(5代目)

ルイヴィトン公式サイトの情報によると、1973年に大工職人として家業の事業に加入。その後、たくさんのトランク名作を開発し続けてきた。2019年11月に68歳で死去

6世代目(パトリックの息子)

ピエール・ルイ(Pierre Louis)/ブノア・ルイ(Bunoit-Louis)

 
 
 
ブランド公式インスタでのパトリック追悼投稿

 
 
 


 
 
[主な参考文献]
ルイヴィトン公式メディア内の歴史情報
 
 
 

 

 

 
 [サイト全体のメニュー]

 


 
[カテゴリ内メニュー(データ系)]

 


 
[カテゴリ内メニュー(コラム系)]

 
 
[1分で学べる人物伝]
意外と知られていない偉人の生涯を
手短に内容濃く、トリビア入りでご紹介